アフィリエイトで売れないのは何故?~ブログ形式という落とし穴~

目安時間:約 9分

こんばんは。管理人です。

 

タバコを吸っていましたら、突然昔いわれた事をハッ!と

思い出しまして。

これは今、書けってことかなぁ…と。

 

「あなたのブログでなぜ商品が売れないか?」という、

大それたテーマを取り扱ってみたいと思います。

 

 

管理人、そんな事解るの?(笑)

 

ええ、解ります。

端的に言いますね。

「商品は悪くありません、あなたが悪いんです。」

 

ああっ!ちゃんと最後まで読んで!

ちゃんと説明するから!(^◇^;

 

あの、多分、あなたもそんな変な物を売っているわけ

ではないですよね?

もしかしたら、他にも扱ってる方はいて、そこでは

バンバン売れている。

 

なのに、あなたのブログで「売れない」=あなたが悪い

って事になります。

 

ああ!だからちゃんと説明するってば!(^◇^;

 

 

家に来たセールスマン

 

突然なんですけど、休日家にいると言わゆる

「飛び込みのセールスマン」ってのがやってくる

事がありませんか?

 

 

あなたが、せっかく家でくつろいでいるのに

「ピンポ~ン!」と無粋なチャイムを鳴らして

平和な時間を乱しにやってきます。

 

この時あなたはセールスマンに対して…

 

  • せっかく来たんだ。ゆっくり話を聞いてあげなきゃ。
  • うるさいな。早く追い返してやる。

 

どちらである事が多いですか?

っていうか100%後者ですよね…間違いなく。

 

そうなんです。

人って「自分が買い物に行った先の人」以外の

物を売る人は「何か売りつける敵!」なんです。

 

 

アパレルショップや宝石店の店員さん

 

実はそれだけでなく「物を買いに行った先の人」

であるにも関わらず「敵視」することすらあります。

 

洋服選んでる時に「あ~♪よくお似合いですよ~♪」

とか言って寄ってこられたら、即逃げるって人

多くないですか?

あれです。

 

なんか「売りつけよう臭」がすると、買い物をしている

最中ですら、我々は「敵襲だ!」って思ってしまうんですよね。

 

 

ところがどっこい?

 

ここまではご納得いただけると思うのですが、

実は

  • 家に来たセールスマン
  • アパレルショップや宝石店の店員さん

 

この方々にうま~く乗っけられて、気持ちよ~く

買い物しちゃったことありませんか?

あるでしょ?

 

 

なんでだと思います?よく思い出してください。

 

そう、「売りつけよう臭」がないんです。

だから我々が警戒する間を与えずにスルスルっと

懐へ入り込んでこれるのです(^^;)

 

 

ステルス性・高性能販売員

 

まあ、でも「売りつけよう」としないのであれば

懐に入られたからと言って、

「買わされなければ、どうという事はない。」って

ヤツです。

 

でも、この高性能販売員たちは着実に「売り」に

かかってます。

 

何をかって?「自分」をです(^^;)

 

 

 

 

 買い物なんていいから楽しんでいってくださいね。

 

扱う商品によって、自分の売り込み方は様々だと思います。

でも、確実に

 

  • この人と話をしていると楽しいな。
  • この人はこんな事をおしえてくれるんだ…
  • この人はこんな事もしてくれるんだ!

 

 

と、あなたに有益な事を色々提供してきます。

そして、何の見返りも求めないのです。

 

そうしているうちに、どんどん相手を信用すると同時に

深層意識に「こんなにしてもらったのに、何かお返ししなきゃ悪いのでは?」

という気持ちが生まれます。

もちろん、深層意識ですから、自分で気がつくことができません。

 

で、ふと口から出るわけです。

「何の商品扱ってるんだっけ?」「そっちのジャケットも見せてくれる?」

「今人気のあるピアスってどんなのがある?」

 

ここで、高性能販売員はまだ、積極的攻撃に出ません。

あなたのリクエストに最小限だけ答えて「売ろう」としないのです。

 

 

 

「私が売ったんじゃなくて、あなたが買ったの。」

 

こうなってくると、なんだか立場がおかしくなってきます。

あなたは「その販売員」から買いたくなるのです。

 

他のどの人からでもダメ、例え半額でもネット通販じゃダメ

「その販売員」から買いたくなります。

 

「じゃあ、コレください!」

「はい。かしこまりました。」

 

そう、販売員が売りつけたのではなく、

あなたが自主的に販売員から売ってもらったのです。

 

ここで、初めて、高性能販売員は動き、あなたの名前は

高性能販売員の「顧客リスト」の一番上に書き足されます。

 

あなたは、もう一度同じ店に行ったとき、真っ先に

その販売員さんの顔を探す事になります。

 

 

自分を売る事の効果

 

この手法で…と言ってもそれを最初から意識したわけじゃ

ありませんが。

 

大手の釣り具チェーン独立して、

大手釣具店がひしめく激戦地帯の中に独立開業し、

あっという間に大手を震え上がらせる地域一番の釣具屋さんを

開いた方を知っています(^^;)

 

お客さんの半分以上がこの店長さんのファンで、

「俺はコイツからじゃねぇと釣り具は買わねぇんだ。」

というお客さんを何人も知ってます。

(値段はAmazonの方が、ず~っと安いんですよ?)

 

 

十何年もの間、デパートの宝石ブランドコーナーで

店長さんをやっていらっしゃる方も知っています。

 

お客様の欲しい品物は、目の前のショーケースにあるのに

「〇〇さん、今日はいないの?じゃあ、また来るわ。」と

言わしめる名物店長さんでした。

 

 

だいぶ、話が遠くまで来たけど…

 

「商品は悪くありません、あなたが悪いんです。」

と書いた理由。

 

ブログで物を売ろうとしていると、相手が人間だ

という事を忘れがちです。

 

自分のブログから「売りつけよう臭」が出てしまっても

気がつけないんです。

 

相手の顔が見えませんから。

相手のアクションが「アクセス解析」という

解りにくい物を通さないと見えないから。

 

嫌な「売りつけよう臭」のする、

「売りつけようブログ」になってしまっている

可能性が高いんです。

 

買わない理由は、実はあなたと同じだったんです。

 

お解りいただけましたでしょうか?

説明にちゃんとなっていますね?

 

では、ポチっとお願いいたします。

 

  

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 《アフィリエイトで売れないのは何故?~ブログ形式という落とし穴~》 […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール



ゾンビ管理人
狐寺ゆうた
情報商材ナビゲーター

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
★管理人お勧め商材★

「風花初芽」
(かざはなはつめ)

たった254ページのテキストで
2ヶ月後に3万円の実績!

新価格で好評発売中!

ページの先頭へ