書きっぱなしにしてませんか?

目安時間:約 6分

こんにちは。管理人です。
鼻水は止まるどころか
勢いを増して滝のようです。

 

ところで、アフィリエイトをやっている方は形態が
なんであれ、ブログって1つは持ってますよね?
記事を書きっぱなしにしてませんか?

 

書いた記事は時々目を通して書き直しましょう。
ってのが、今回の話題です。

 

理由1 【広告の期限・リンク切れ】

 

まあ、説明するまでもありません。
こういうのが沢山あるブログは
見ていて疲れます。

 

しかも別窓が開いてくれれば
まだよい物を、いちいち同じ窓が
エラーを吐くと、もう別のサイト
に行きたくなります。

 

こういう時に管理人は…

「あーあ。これだからヤダね素人は!」
自分の立場を神棚よりも高く持上げて
一時の優越感に浸って気持ちよくなる。

 

そういう器の小さい管理人です。ええ、そうですとも。

 

理由2 【質の向上】

 

・その記事を書いた時に気分が乗ってなかった。
・何を勘違いしたのか、イマイチ説明がボケてた。
・書いたのが昔過ぎて、ライティングスキルそのものが低かった。

 

つまり「今ならもっと良いものが書ける!」って
状態なら、パパっと書き直してしまいましょう。

 

何も「私の恥ずかしい過去」をいつまでも
晒しものにしておく必要はありません。
過去の自分を許してあげましょう。

 

え?その程度の文章力で、何を言うって?
細かいことを言わない!(-"-)

 

次行きますよ。

 

 

理由3【戦略的書き直し】

 

…コレあんまり書きたくない(--;)
「察して!」
ってわけにはいかないですよね…。

 

  • 3-1【事例】

例えば、新しい記事で何か新しい商品を
紹介したら、関連商品として、前に書いた
記事から新しい記事へのリンクを追加する。

 

(逆をやってない人はいないよね?ね?)

なんて当たり前のこともそうだし。

 

  • 3-2【事例】

ある商品があって、それは二面性があったとする。
例えばSEO対策にも効くし、商品の売り込みキーワード
収集にも有効だったとする。

 

最初に記事を書いた時には「キーワード収集」を
前面に押し出したとする。
だけど、しばらく記事を書いていたら、自分のブログの
読者は「SEO対策に困ってる!」と傾向が読めた。

 

そうしたら、最初に書いた記事を修正して
「キーワード収集」色を薄めないで、「SEO対策」色
を強めた記事に書き直して、関連商品としてリンクを
貼り直せば、読者さんの選択の幅が広がる。(んじゃないかと)

 

  • 3-3【事例】

…もう一つ。

 

アフィリブログのために記事を書きました。
バナー広告を貼りました。

 

記事を読んでもらって、広告をクリックして
もらうので、バナー広告の位置は一番下です。

 

でも実は貼ってあるのは
「アフィリの知識はあまり関係ない、誰でもお得なバナー」
です。

 

ある日ブログの宣伝のため、アフィリには
興味はあるけれど、まだ自分のブログの
記事を全部読んでもらうにはチョット早い段階の層
SNSかなんかでアプローチをかけました。

 

そのリンク先は、さっきの記事です。
誰でもお得なので…
バナーをクリックしてくれると思いますが…
(もちろんそれを必要としている人を狙って
アプローチしてますが…)

 

さて、バナーの位置は一番下でいいでしょうか?
記事を読んでからバナーをクリックしてくれる

でしょうかって事です。

 

あー!書きたくない(--;)

 

とりあえず、記事なんてどうでもいいから、

さっさとバナーを別窓で開いてじっくりと

お得になってもらいましょう。
っていう事はバナーの位置は一番下でいいですか?
ですよね?

 

その間ブログの滞在時間は伸びてますね…。
まあ、後でゆっくりと記事は読んでもらえれば

いいんじゃないかと。

 

いや、読んでくれなくてもいいや。

 

でも、そのバナーの傍に別の「誰でも得なバナー広告」

とか、すごく気になるひっかかる一文でも置いておけば、

その人はきっとあなたのサイトに戻ってきます。

 

下手をすれば、別のページにもないか

お得なものがないか探してくれるかもしれません。
更にブログの滞在時間が伸びますね。
PVも増えちゃう。

 

…あーあ。書いちゃった(--;)

 

と、まあ、いろんな理由で、一度書いて完結する記事
という物はほとんどないんじゃないかと
思ってます。

 

新記事を書くのに疲れ果てた日には、
過去の記事達に目を向けてあげてください。

 

それでは!

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 分析出来たら《書きっぱなしにしてませんか?》の […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ