キーワード選定で狙え! ~ほう…それが、広告屋のやり方か…!~

目安時間:約 7分


おはようございます。管理人です。

 

してやられました。完敗です。

 

読まれる”タイトル”ってどんなよ?~長期戦を見据えた戦い~

 

でスモールキーワードについてご紹介しましたが、

スゴイめにあってしまいました。

 

 

別に悔しがる必要はないんですが、

「あーっ!きったねー!」と思わず口をついて

出てきてしまいました。(全然汚くありません。)

 

それは「本」を購入しようとした時におきた

 

「現代広告の心理技術101」という本があります。

ちょっと評判が良いのです。いや、スゴクか。

 

この本、定価が¥3,700 です。

良い本なのは分かるけどチョット高くないですか?

なんてケチな根性が顔を出します。

 

なに、そんなときのAmazon様だと検索をかけると…

 

新品がない上に¥4,190~だって!

送料を足したらいくらになるんだ!(^^;)

 

なんてこったい!

 

いつも頼りにしてる Amazon が頼りにならない。

あなたならどうします?

 

新品は手に入らない。せめて中古でも安いものはないのか!

 

そうだ、まだ Google 先生がいる!

 

検索窓に [現代広告の心理技術101 中古] と打ち込んで [enter] ↲!

 

 

さすがGoogle先生!

 

検索第2位の目立つ位置に来てるのはコレでした。

(1位はこの本の出版社のページ)

現代広告の心理技術101(中古)楽天amazonで買うと損!?
koukokusinri.webcrow.jp/
現代広告の心理技術101を中古で最安値で購入したい方は楽天やamazonで買ってはいけません。最安値で購入する方法はこちらから!

 

そう!この情報が欲しかった!

中古が欲しかったわけじゃない!最安値で欲しかった!

さすがGoogle先生!

 

慌ててURLをクリックしましたとも!

 

そこに見たものは…!

 

  • Amazon・楽天では新品は売り切れです
  • 中古は割高です。
  • しかも出回ってる数が少ないです。

 

でも

 

  • ここで買うと送料無料です。
  • 今キャンペーン中です。
  • 価格は\2,900です。

 

 

簡単に書くとこうです。

 

なんだとー!

 

ですよね?

なぜ、ここだけがこんな事が出来るのか?

もう、ここで購入決定です。

 

>>最安値で購入する<<

 

のリンクを叩きましたとも。

そりゃ叩くでしょ?あなたもそうでしょ?

この本が欲しいんですもの!

 

辿り着いた先は…プロとはこういう事か…

 

どこに飛んだと思います?このリンク。

そう、冷静ならばすぐ解るはずなんですけどね。

 

本が欲しくて、手に入らなくて、血が上った

頭には思いもよりませんでした。

 

この本の出版社の

「現代広告の心理技術101」の公式サイトです…(-_-;)

 

出版社→卸し→書店って経路をたどるくらいなら

多分最初の卸値考えると¥2,900(送料込み)でも

儲かるんでしょうね。

 

しかも変に流通させて転バイヤーを儲けさせるくらいなら

希少価値を上げたうえで全部自社で利益を回収する。

 

 

シンプルで巧妙…マネできる?

 

そう、たった2つのキーワード

 

[現代広告の心理技術101 中古]

 

これだけで…

おそらくこの本を欲しがっている

全部の人をかっさらっていきました。

 

現代広告の心理技術101 最安値
現代広告の心理技術101 ブックオフ
現代広告の心理技術101 ヤフオク
現代広告の心理技術101 Amazon

 

ちなみにこんなキーワードでも

同じページが引っかかるようになってました。

 

約 130,000 件 の スモールキーワード…

スナイパーが1,500m先から500円玉を

射抜くような精度。

 

キャンペーンページは絶世の美女の

甘い囁きのような、逆らえない魅力

 

 

うがぁぁぁぁ!

 

ああ!もう!悔しくて、何言ってるか

解らなくなってきました!(T_T)

 

ここまで見事な誘導広告に引っかかったの

22歳以降覚えがありません!

 

とにかく、こういう見事なやり口がある。

という事は伝わりましたでしょうか?

 

キーワード選定とキラーページとは

かくあるべきというお手本を見せられました。

 

また、この誘導に引っかかったせいで、

「現代広告の心理技術101」の中身が

楽しみになるという…連鎖反応付です。

 

ああ、悔しい、けどこの本欲しい(T_T)

 

ポチっと押して下さい。心が晴れるかもしれないから…。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ