キーワード選定で狙え! ~ほう…それが、広告屋のやり方か…!~

目安時間:約 7分


おはようございます。管理人です。

 

してやられました。完敗です。

 

読まれる”タイトル”ってどんなよ?~長期戦を見据えた戦い~

 

でスモールキーワードについてご紹介しましたが、

スゴイめにあってしまいました。

 

 

別に悔しがる必要はないんですが、

「あーっ!きったねー!」と思わず口をついて

出てきてしまいました。(全然汚くありません。)

 

それは「本」を購入しようとした時におきた

 

「現代広告の心理技術101」という本があります。

ちょっと評判が良いのです。いや、スゴクか。

 

この本、定価が¥3,700 です。

良い本なのは分かるけどチョット高くないですか?

なんてケチな根性が顔を出します。

 

なに、そんなときのAmazon様だと検索をかけると…

 

新品がない上に¥4,190~だって!

送料を足したらいくらになるんだ!(^^;)

 

なんてこったい!

 

いつも頼りにしてる Amazon が頼りにならない。

あなたならどうします?

 

新品は手に入らない。せめて中古でも安いものはないのか!

 

そうだ、まだ Google 先生がいる!

 

検索窓に [現代広告の心理技術101 中古] と打ち込んで [enter] ↲!

 

 

さすがGoogle先生!

 

検索第2位の目立つ位置に来てるのはコレでした。

(1位はこの本の出版社のページ)

現代広告の心理技術101(中古)楽天amazonで買うと損!?
koukokusinri.webcrow.jp/
現代広告の心理技術101を中古で最安値で購入したい方は楽天やamazonで買ってはいけません。最安値で購入する方法はこちらから!

 

そう!この情報が欲しかった!

中古が欲しかったわけじゃない!最安値で欲しかった!

さすがGoogle先生!

 

慌ててURLをクリックしましたとも!

 

そこに見たものは…!

 

  • Amazon・楽天では新品は売り切れです
  • 中古は割高です。
  • しかも出回ってる数が少ないです。

 

でも

 

  • ここで買うと送料無料です。
  • 今キャンペーン中です。
  • 価格は\2,900です。

 

 

簡単に書くとこうです。

 

なんだとー!

 

ですよね?

なぜ、ここだけがこんな事が出来るのか?

もう、ここで購入決定です。

 

>>最安値で購入する<<

 

のリンクを叩きましたとも。

そりゃ叩くでしょ?あなたもそうでしょ?

この本が欲しいんですもの!

 

辿り着いた先は…プロとはこういう事か…

 

どこに飛んだと思います?このリンク。

そう、冷静ならばすぐ解るはずなんですけどね。

 

本が欲しくて、手に入らなくて、血が上った

頭には思いもよりませんでした。

 

この本の出版社の

「現代広告の心理技術101」の公式サイトです…(-_-;)

 

出版社→卸し→書店って経路をたどるくらいなら

多分最初の卸値考えると¥2,900(送料込み)でも

儲かるんでしょうね。

 

しかも変に流通させて転バイヤーを儲けさせるくらいなら

希少価値を上げたうえで全部自社で利益を回収する。

 

 

シンプルで巧妙…マネできる?

 

そう、たった2つのキーワード

 

[現代広告の心理技術101 中古]

 

これだけで…

おそらくこの本を欲しがっている

全部の人をかっさらっていきました。

 

現代広告の心理技術101 最安値
現代広告の心理技術101 ブックオフ
現代広告の心理技術101 ヤフオク
現代広告の心理技術101 Amazon

 

ちなみにこんなキーワードでも

同じページが引っかかるようになってました。

 

約 130,000 件 の スモールキーワード…

スナイパーが1,500m先から500円玉を

射抜くような精度。

 

キャンペーンページは絶世の美女の

甘い囁きのような、逆らえない魅力

 

 

うがぁぁぁぁ!

 

ああ!もう!悔しくて、何言ってるか

解らなくなってきました!(T_T)

 

ここまで見事な誘導広告に引っかかったの

22歳以降覚えがありません!

 

とにかく、こういう見事なやり口がある。

という事は伝わりましたでしょうか?

 

キーワード選定とキラーページとは

かくあるべきというお手本を見せられました。

 

また、この誘導に引っかかったせいで、

「現代広告の心理技術101」の中身が

楽しみになるという…連鎖反応付です。

 

ああ、悔しい、けどこの本欲しい(T_T)

 

ポチっと押して下さい。心が晴れるかもしれないから…。

 

アフィリエイトで売れないのは何故?~ブログ形式という落とし穴~

目安時間:約 9分

こんばんは。管理人です。

 

タバコを吸っていましたら、突然昔いわれた事をハッ!と

思い出しまして。

これは今、書けってことかなぁ…と。

 

「あなたのブログでなぜ商品が売れないか?」という、

大それたテーマを取り扱ってみたいと思います。

 

 

管理人、そんな事解るの?(笑)

 

ええ、解ります。

端的に言いますね。

「商品は悪くありません、あなたが悪いんです。」

 

ああっ!ちゃんと最後まで読んで!

ちゃんと説明するから!(^◇^;

 

あの、多分、あなたもそんな変な物を売っているわけ

ではないですよね?

もしかしたら、他にも扱ってる方はいて、そこでは

バンバン売れている。

 

なのに、あなたのブログで「売れない」=あなたが悪い

って事になります。

 

ああ!だからちゃんと説明するってば!(^◇^;

 

 

家に来たセールスマン

 

突然なんですけど、休日家にいると言わゆる

「飛び込みのセールスマン」ってのがやってくる

事がありませんか?

 

 

あなたが、せっかく家でくつろいでいるのに

「ピンポ~ン!」と無粋なチャイムを鳴らして

平和な時間を乱しにやってきます。

 

この時あなたはセールスマンに対して…

 

  • せっかく来たんだ。ゆっくり話を聞いてあげなきゃ。
  • うるさいな。早く追い返してやる。

 

どちらである事が多いですか?

っていうか100%後者ですよね…間違いなく。

 

そうなんです。

人って「自分が買い物に行った先の人」以外の

物を売る人は「何か売りつける敵!」なんです。

 

 

アパレルショップや宝石店の店員さん

 

実はそれだけでなく「物を買いに行った先の人」

であるにも関わらず「敵視」することすらあります。

 

洋服選んでる時に「あ~♪よくお似合いですよ~♪」

とか言って寄ってこられたら、即逃げるって人

多くないですか?

あれです。

 

なんか「売りつけよう臭」がすると、買い物をしている

最中ですら、我々は「敵襲だ!」って思ってしまうんですよね。

 

 

ところがどっこい?

 

ここまではご納得いただけると思うのですが、

実は

  • 家に来たセールスマン
  • アパレルショップや宝石店の店員さん

 

この方々にうま~く乗っけられて、気持ちよ~く

買い物しちゃったことありませんか?

あるでしょ?

 

 

なんでだと思います?よく思い出してください。

 

そう、「売りつけよう臭」がないんです。

だから我々が警戒する間を与えずにスルスルっと

懐へ入り込んでこれるのです(^^;)

 

 

ステルス性・高性能販売員

 

まあ、でも「売りつけよう」としないのであれば

懐に入られたからと言って、

「買わされなければ、どうという事はない。」って

ヤツです。

 

でも、この高性能販売員たちは着実に「売り」に

かかってます。

 

何をかって?「自分」をです(^^;)

 

 

 

 

 買い物なんていいから楽しんでいってくださいね。

 

扱う商品によって、自分の売り込み方は様々だと思います。

でも、確実に

 

  • この人と話をしていると楽しいな。
  • この人はこんな事をおしえてくれるんだ…
  • この人はこんな事もしてくれるんだ!

 

 

と、あなたに有益な事を色々提供してきます。

そして、何の見返りも求めないのです。

 

そうしているうちに、どんどん相手を信用すると同時に

深層意識に「こんなにしてもらったのに、何かお返ししなきゃ悪いのでは?」

という気持ちが生まれます。

もちろん、深層意識ですから、自分で気がつくことができません。

 

で、ふと口から出るわけです。

「何の商品扱ってるんだっけ?」「そっちのジャケットも見せてくれる?」

「今人気のあるピアスってどんなのがある?」

 

ここで、高性能販売員はまだ、積極的攻撃に出ません。

あなたのリクエストに最小限だけ答えて「売ろう」としないのです。

 

 

 

「私が売ったんじゃなくて、あなたが買ったの。」

 

こうなってくると、なんだか立場がおかしくなってきます。

あなたは「その販売員」から買いたくなるのです。

 

他のどの人からでもダメ、例え半額でもネット通販じゃダメ

「その販売員」から買いたくなります。

 

「じゃあ、コレください!」

「はい。かしこまりました。」

 

そう、販売員が売りつけたのではなく、

あなたが自主的に販売員から売ってもらったのです。

 

ここで、初めて、高性能販売員は動き、あなたの名前は

高性能販売員の「顧客リスト」の一番上に書き足されます。

 

あなたは、もう一度同じ店に行ったとき、真っ先に

その販売員さんの顔を探す事になります。

 

 

自分を売る事の効果

 

この手法で…と言ってもそれを最初から意識したわけじゃ

ありませんが。

 

大手の釣り具チェーン独立して、

大手釣具店がひしめく激戦地帯の中に独立開業し、

あっという間に大手を震え上がらせる地域一番の釣具屋さんを

開いた方を知っています(^^;)

 

お客さんの半分以上がこの店長さんのファンで、

「俺はコイツからじゃねぇと釣り具は買わねぇんだ。」

というお客さんを何人も知ってます。

(値段はAmazonの方が、ず~っと安いんですよ?)

 

 

十何年もの間、デパートの宝石ブランドコーナーで

店長さんをやっていらっしゃる方も知っています。

 

お客様の欲しい品物は、目の前のショーケースにあるのに

「〇〇さん、今日はいないの?じゃあ、また来るわ。」と

言わしめる名物店長さんでした。

 

 

だいぶ、話が遠くまで来たけど…

 

「商品は悪くありません、あなたが悪いんです。」

と書いた理由。

 

ブログで物を売ろうとしていると、相手が人間だ

という事を忘れがちです。

 

自分のブログから「売りつけよう臭」が出てしまっても

気がつけないんです。

 

相手の顔が見えませんから。

相手のアクションが「アクセス解析」という

解りにくい物を通さないと見えないから。

 

嫌な「売りつけよう臭」のする、

「売りつけようブログ」になってしまっている

可能性が高いんです。

 

買わない理由は、実はあなたと同じだったんです。

 

お解りいただけましたでしょうか?

説明にちゃんとなっていますね?

 

では、ポチっとお願いいたします。

 

  

ベストアンサー!

目安時間:約 6分

こんにちは。管理人です。

 

新入社員さんたちが、なんだのかんだのが
終わって早ければ現場に出てくる頃ですかね?
「解らない事があったら聞けっ!ドジ踏む前にっ!」
なんて言われていたころが懐かしいです(^^)

 

さて、私たちも未知の分野に踏み込むときは
解らないことだらけで、固まる事が多いのですが
そんな時どうするか?

 

聞くんです。
誰に?知ってそうな人に?
何処にいる?Yahoo知恵袋にいますよきっと。

 

さて、Yahoo知恵袋。

 

ネットビジネス、特にブログをやってる方は縁を切ろうと
思っても切れない仲になってるはずです。
アフィリのキーワード抽出には欠かせないですものね。

 

Yahoo知恵袋で ベストアンサー(BA)を取ろう!

 

因みにベストアンサー(BA)を取るととても嬉しい事に使えます。
というわけで、今回はYhaoo知恵袋で質問に答えて、
ベストアンサーを取るコツを…

 

え?取ろうと思って取れりゃ苦労はない?
そんな簡単にいくかって?
いやいやいや。まあ、そういわずに聞いて?(^^;)

 

これ管理人が全く別の名前で活動してる知恵袋の
成績です。
知恵袋を始めて、コツを掴むまでも含めてこの
成績だから、そんなに悪くないでしょ?
まあ、もっとばけものみたいな人は沢山いますけど。

 

知恵袋上に残ったBAが「参考になった」って言って知恵コインを
稼いできてくれるから、ほったらかしでも知恵コインは貯まる一方
あれ?ブログアフィリエイトと似てますね(笑)

じゃあ、肝心のコツ!
(とはいってもあくまで私のコツなんで
真似して失敗しても責任はとれませんが)

 

 

BAの取り方 その1

相手質問を一旦受け入れる文章を入れる。

 

「高校生ですが、アフィリエイトで稼げますか?」
という質問があったら、こちらの書き出しは

 

「高校生なのにアフィリに興味をお持ちですか!
目の付け所が違いますね。」(←ワー!ワザトラシイ!)
とか、そんな感じ。

 

とにかく、相手を一旦受け入れて「コッチも興味を
持ったよ!」って意思表示をする。
これ、すごく大事

 

 

BAの取り方 その2

 

問いに対して「否定だけで返さない」

 

「アフィリって必ず楽して稼げますか?」という質問(^^;)

「95%の人は稼げていません。残り5%の人も勉強と
努力の結果稼げるようになってます」(←否定ばっかり)
ではなく。

 

「稼げるようになりますよ!(肯定)ただし『必ず』と
『楽して』の部分は条件が付いてしまいます。(←半否定)」
で、以下条件がつらつら並ぶわけですが…(^^;)

 

最初に「否定!」って来ると、その先を読む気が失せる
んですよね。
だから、BAを取るには最後まで読んでもらわないと
意味がないから、最初から「否定はなし」です。
…長くなってきましたね(^^;)
コーヒーでも持ってきて一休み入れてください。

 

 

BAの取り方 その3

お腹いっぱいにする。(量&質)

 

その1とその2を守ったら、後は全力で文章を書いてください
なるべく長く、懇切丁寧に。
論旨が散らからないように気をつけながら…

 

データを並べ、外部リンクを引っ張り、比較し
質問者のためになる事、思いつくこと全部叩き込んでください。

 

前のどの回答者よりも親切により長く。
後の回答者に書く隙を与えない程濃く。
読んだ質問者がお腹いっぱいで満足できるように。

 

更に言うなら、後から回答しようとした人に

あ、これだけの回答がついてるから、や~めた。
と思わせるくらいに。

 

これでBA取れます。

え?「そもそもBA取るととても嬉しい事に使えます。」
って言ってたけど何かって?

 

それは、ねぇ(^^;)
どこの馬の骨が言ってるのか解らない事と
BA70%が言ってる事がどっちが信用されやすいか
って話になって…

 

信用されやすいから多少、自己誘・・・おや、誰か来たようだ?

 

書きっぱなしにしてませんか?

目安時間:約 6分

こんにちは。管理人です。
鼻水は止まるどころか
勢いを増して滝のようです。

 

ところで、アフィリエイトをやっている方は形態が
なんであれ、ブログって1つは持ってますよね?
記事を書きっぱなしにしてませんか?

 

書いた記事は時々目を通して書き直しましょう。
ってのが、今回の話題です。

 

理由1 【広告の期限・リンク切れ】

 

まあ、説明するまでもありません。
こういうのが沢山あるブログは
見ていて疲れます。

 

しかも別窓が開いてくれれば
まだよい物を、いちいち同じ窓が
エラーを吐くと、もう別のサイト
に行きたくなります。

 

こういう時に管理人は…

「あーあ。これだからヤダね素人は!」
自分の立場を神棚よりも高く持上げて
一時の優越感に浸って気持ちよくなる。

 

そういう器の小さい管理人です。ええ、そうですとも。

 

理由2 【質の向上】

 

・その記事を書いた時に気分が乗ってなかった。
・何を勘違いしたのか、イマイチ説明がボケてた。
・書いたのが昔過ぎて、ライティングスキルそのものが低かった。

 

つまり「今ならもっと良いものが書ける!」って
状態なら、パパっと書き直してしまいましょう。

 

何も「私の恥ずかしい過去」をいつまでも
晒しものにしておく必要はありません。
過去の自分を許してあげましょう。

 

え?その程度の文章力で、何を言うって?
細かいことを言わない!(-"-)

 

次行きますよ。

 

 

理由3【戦略的書き直し】

 

…コレあんまり書きたくない(--;)
「察して!」
ってわけにはいかないですよね…。

 

  • 3-1【事例】

例えば、新しい記事で何か新しい商品を
紹介したら、関連商品として、前に書いた
記事から新しい記事へのリンクを追加する。

 

(逆をやってない人はいないよね?ね?)

なんて当たり前のこともそうだし。

 

  • 3-2【事例】

ある商品があって、それは二面性があったとする。
例えばSEO対策にも効くし、商品の売り込みキーワード
収集にも有効だったとする。

 

最初に記事を書いた時には「キーワード収集」を
前面に押し出したとする。
だけど、しばらく記事を書いていたら、自分のブログの
読者は「SEO対策に困ってる!」と傾向が読めた。

 

そうしたら、最初に書いた記事を修正して
「キーワード収集」色を薄めないで、「SEO対策」色
を強めた記事に書き直して、関連商品としてリンクを
貼り直せば、読者さんの選択の幅が広がる。(んじゃないかと)

 

  • 3-3【事例】

…もう一つ。

 

アフィリブログのために記事を書きました。
バナー広告を貼りました。

 

記事を読んでもらって、広告をクリックして
もらうので、バナー広告の位置は一番下です。

 

でも実は貼ってあるのは
「アフィリの知識はあまり関係ない、誰でもお得なバナー」
です。

 

ある日ブログの宣伝のため、アフィリには
興味はあるけれど、まだ自分のブログの
記事を全部読んでもらうにはチョット早い段階の層
SNSかなんかでアプローチをかけました。

 

そのリンク先は、さっきの記事です。
誰でもお得なので…
バナーをクリックしてくれると思いますが…
(もちろんそれを必要としている人を狙って
アプローチしてますが…)

 

さて、バナーの位置は一番下でいいでしょうか?
記事を読んでからバナーをクリックしてくれる

でしょうかって事です。

 

あー!書きたくない(--;)

 

とりあえず、記事なんてどうでもいいから、

さっさとバナーを別窓で開いてじっくりと

お得になってもらいましょう。
っていう事はバナーの位置は一番下でいいですか?
ですよね?

 

その間ブログの滞在時間は伸びてますね…。
まあ、後でゆっくりと記事は読んでもらえれば

いいんじゃないかと。

 

いや、読んでくれなくてもいいや。

 

でも、そのバナーの傍に別の「誰でも得なバナー広告」

とか、すごく気になるひっかかる一文でも置いておけば、

その人はきっとあなたのサイトに戻ってきます。

 

下手をすれば、別のページにもないか

お得なものがないか探してくれるかもしれません。
更にブログの滞在時間が伸びますね。
PVも増えちゃう。

 

…あーあ。書いちゃった(--;)

 

と、まあ、いろんな理由で、一度書いて完結する記事
という物はほとんどないんじゃないかと
思ってます。

 

新記事を書くのに疲れ果てた日には、
過去の記事達に目を向けてあげてください。

 

それでは!

お問い合わせフォーム





ページの先頭へ