副業で10万円稼ぐという事

目安時間:約 11分

 

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

こんばんは。管理人です。

 

 

「副業で10万円稼ぐ」というと現在、仕事を持っているあなたはどう思うでしょうか?

 

  • 出来たらいいなぁ。
  • なかなか難しいよね。
  • やる気になれば、できるんじゃない?

 

もし、ここまでで感想が終わってしまった方。

多分一生かかっても、副業で10万円かせぐことはできません(^^;)

 

 

なんだと!こらー!

 

ああっと、最初から失礼をぶちかましまして申し訳ありません。

 

でも「副業で(ネットビジネスを使って)月に10万円を稼ぐ」というのは

実はそんなに難しいことではありません。

 

このブログのタイトルにもなっているくらいなので、

無理な事をブログにしても全然意味ありませんものね。

 

ただし、それを可能にするにはチョットした考え方というのが

必要になってきます。

それが今回のテーマになります。

 

「副業で(ネットビジネスを使って)月に10万円を稼ぐ」ための基礎的な考え方

 

とでも申しましょうか(^^;)

 

 

仕方のない事なんですが。

 

会社員をやっているあなた。

毎日お仕事に行って、定時まで働いて…まあ残業もして。

お休みの日に休んで、1ヶ月経つとお給料がもらえますよね?

 

どれだけの仕事がどれだけのお給料になってるか、

すごく解りにくくありませんか?

 

この生活に慣れすぎちゃっていると、「月に10万(以下略)」

に必要な考え方を忘れちゃうんです。

 

で、この考え方が出来ないと、絶対に「月に10万(以下略)」は

達成できないんです。

 

 

そもそも論として。

 

では、「月に10万(以下略)」って、どういうことか考えてみましょう。

 

解りやすくするために「転売(せどり)」を例にとってみましょう。

 

あなたは転売のコツを覚えて、1個売ると1,000円の差益を出す商品を

見つけることが出来るようになったとします。

この商品を売るためのトータルの作業時間は1時間です。

 

と仮定すると…?

 

手っ取り早く言ってしまえば

 

「時給1,000円」のバイトを出来るようになった。

 

と全く同じ意味合いになりますよね?

 

 

さて、ここからが本題。

 

これで「月に10万(以下略)」を達成しようとすると、

100時間/1ヶ月 必要になります。

 

1ヶ月30日で計算すると…1日 3時間20分を必要とします。

 

お仕事が終わってから、毎日3時間半近く時間が取れますか?

無理ですよね?多分(^^;)

 

さっきの「やればできるんじゃない?」という感想の中に

こういう計算があったでしょうか?

時給1,000円って、わりとリアリティのある数字でしょ?

 

だけど、アルバイトでやると結構無理っぽい。

で、例にとった「転売」でも

 

あなたは転売のコツを覚えて、1個売ると1,000円の差益を出す商品を

見つけることが出来るようになったとします。

この商品を売るためのトータルの作業時間は1時間です。

 

この条件では「月に10万(以下略)」は結構難しいという事です。

 

 

では、どうするか?

 

簡単です。

1個売ると 3,000円の差益を生み出す商品を見つける能力を身につければ、

1日1時間ちょっとで「月に10万(以下略)」を達成できます。

 

差益はそのままでも、作業時間を1/3にすることができれば、

1日1時間ちょっとで「月に10万(以下略)」を達成できます。

 

その両方が出来て、1日1時間ちょっと作業すれば…

月に30万円が懐に転がり込むことになります。

 

…計算間違ってないですよね?(^^;)

 

 

実は案外、ここに落とし穴が…

 

実は「ネットビジネスをはじめようかなぁ…」くらいの人って

こういう計算をしていないことが非常に多いです。

 

自分が「月に10万(以下略)」を達成するには

 

  • どういう能力を身につけて
  • 一回でいくら稼いで
  • それを何回やればいい

 

って計算をしていないんです。

 

だから、なんとな~くボヤ~っとした「夢」の世界の話に

見えてしまって、踏み込むことができない。

もう、これは「月に10万(以下略)」は

最初から無理な話。

 

 

もしくは

はじめて見たけれど、「月に5千円しか稼げなかった。」

てな事になりがちです。

 

  • 始めから能力が身に付ききっていない
  • いくら入ってくるのかよく解っていない
  • 時間の計算が出来てなくて、回数をこなせていない

 

これはこれで、安定しないので、おかしなことにしかなりません(^^;)

 

いかがでしょう?
言われてみればバカみたいに簡単な事ですが、

意外に意識していない事ではありませんか?

 

 

チョット話が逸れますが…

 

…実はこれ「貯金できる人と、できない人」の違いでも

あるんだそうです。

 

100万円貯めるぞ!おー!

 

ってなった時に「いつまでに」って言うのをキッチリ設定して、

 

じゃあ、毎月いくら稼がなきゃならない。

そのためにはバイトをいくつ掛け持ちしなきゃいけない。

生活費をどのくらいまで切り詰めなきゃいけない。

 

って、現実的に計算して考える人の方が

ちゃんと目標額を貯金することができるんだそうで…(^^;)

 

 

うん、そこは分かった。でもな。

 

はい、そうきますよね(^^;)

 

あなたが知りたいのは

 

あなたは転売のコツを覚えて、1個売ると1,000円の差益を出す商品を

見つけることが出来るようになったとします。

 

ここの具体的な部分でしょ?

 

まあ、この場合は転売になりますが、アフィリエイトでも

ここが知りたいわけですよね。

 

この「一番最初」が無いと、計算のしようがないじゃないかと。

 

ですよね~。

 

 

でもね。

 

実は「月に10万(以下略)」を達成するための「一番最初」は

このブログにいくつも書いてきているんです。

 

ピンと来たあなた。

是非、すぐに始めちゃってください。

 

え?気が付かなかった?

そういうあなた。

 

管理人にご連絡ください(←クリック)

 

 

ちなみにお勧めなのはコレ(←クリック)です。

 

 

 

【閑話休題】どうでもいいけど…

 

今日は涼しかったので、衝動買いした安物のデジカメ持って

海辺を散歩しつつ、スナップなんぞを撮りながら公園まで

行きまして。

 

 

そこで、読書なんぞと洒落込んでいた訳ですが…。

(結局、風が強くて、すぐ帰ってきた)

 

いい写真が撮れたらここで紹介しちゃおうかなとか、

調子に乗っていたらですね…。

 

メモリーカードを入れ忘れていて、1枚も写っていなかった

という…(^◇^;

 

昭和初期のマンガのオチかいっ!

というおバカな真似をやらかしてきました。

 

ちなみに読んでた本はコレ。

 

  ←ん?

 

前に紹介しましたが、何回読んでも新たな発見があります。

前に書いた紹介はコチラ(←クリック)

 

ここのブログにはあまり反映されてませんが、

別にやってる「転売」の方では…こんなに違うものかと。

ライティングの力って、こうも人を動かすんですね。

 

それでは、また(^^)/

 

 

 

ネットビジネスでは「儲からない」という事実。~「儲かる」と「稼ぐ」の違い~

目安時間:約 11分

 

ポチっあなたの清き一票をお願いします。

 

 

おはようございます。管理人です。

…マンネリ。出だしがね。

どうしようもなくてね(^^;)

 

 

と、今回はタイトルがアレなんですが。

ネットビジネスでは「儲からない」よ。

とそういうお話です。

 

 

今まで散々「ネットビジネスで自由になろう。」

とか言ってきてなんだよ!ふざけんな!

 

まずは月に10万円ネットビジネスで稼いで…

というのがこのブログの趣旨なんじゃなかったのかと。

 

はい、そうなりますよね(^^;)

 

でも、チョット待とう

 

「お金が手元に入ってこない。」と言いたいわけではないんです。

 

「稼げます」けど「儲かり」ませんよ。

 

といいたい。

 

このままだと、まだ誤解を招きますね。

これだと、自分が豊かになる事がないみたいに

聞こえちゃいますもんね。

 

安心してください。

そういう事でもありませんから。

 

そもそも辞書を引いてみると

 

【儲ける】

 金銭上の利益を得る。また、思いがけない得をする。

 

【稼ぐ】

 生計を立てるために、一生懸命に働く。

 

               出典:デジタル大辞泉

 

という違いがあるんですが、最近の風潮を見ていると【儲かる】の

方の「思いがけない得をする」の部分にプラスされて「楽をして」

とかそういう意味合いが強いように思います。

 

そして、みなさん、そちらの方が好きなんですよね…(^^;)

 

だから、詐欺商材などに引っかかる人が後を絶えないのかと…。

そういう風にも思えて仕方ないのですが。

 

競馬などのギャンブルで【儲けた】人はいますけど【稼いでる】人は…?

僕はいないと思ってます。

 

 

今度は言葉遊びかぁ!(ノ`△´)ノ

 

申し訳ない。

もうちょっとお付き合いくださいね(^^;)

最後まで読んでいただければ、ご納得いただけます。

 

とどのつまりが、あなたは最終的に、

 

「どういう事をすれば一番、お金が手元に入ってくるか。」

 

…コレが聞きたいわけですよね?

 

図星ですか?(笑)

管理人もこういう話し大好きです(^^)

 

簡単なんですよ。

 

相手に「喜んでもらえる何か」を提供して「お金をもらう。」

 

この 「行って」ヾ( ´ー`)   →  「来い」(ノ*'‐')ノ

 

をちゃんと成立させていればいいんです。

 

これを無視した 「来い」だけだと、ネットはおろかリアルでもビジネスは成立しません。

人通りの少ない路地にボロボロの建物で、無愛想なマスターが不味くて高いコーヒー淹れる

お店にお客が入らないのと同じ道理です。

 

このコーヒーショップにあなたは行きたいと思いますか?

行かないですよね?

だって、行っても「喜べる何か」が1つもないですもの。

 

 

耳タコだけど実践できないWin-Win

そう、上に出てきた店に行くくらいだったら、駅近のスタバに言った方が全然いい訳です。

 

え?スタバ高い?

たかがコーヒーで何であんな値段になるかって?

 

あ、それは他のコーヒーショップよりも「喜べる何か」が大きいんです。

あのチェーン店(^^;)

 

  • 店舗の作りがオシャレ
  • メニュー(ラインナップ)もオシャレ
  • マックブックとか開いてるとデキるヤツに見える
  • だからいい気分になれる。

 

って言う「商品の値段分の満足」に加えて「付加価値」をつけてくるんですね。

 

よくWin-Winの法則って言いますね。

まあ、商品の売り買いだと、売る側と買う側。

どっちも満足。

 

これでWin-Win成立です…と言いたいんですが。

これじゃダメなんです。

スタバもよく見るとそうじゃないから、あんなに流行ってるわけです。

 

コーヒーを提供して、それに見合った金額をいただく。

それがWin-Winではない。

 

コーヒーを提供して、それに見合った金額+付加価値としての満足をしていただく。

そこまでできてWin-Win(^^;)

若干売る側が損してるように見えるかもしれないけどチョット違う。

 

それは スタバのオシャレ感だったり McDonald'sのスマイル0円だったり、

金銭的なやり取りではない部分で生むことができる満足でいいわけで。

そういうこまかなところで、相手をWinに連れて行く。

 

 

ほら、やっぱり「儲ける」って違くない?

 

こうやって考えてくると、やっぱりネットビジネスで「儲ける」って

言葉の使い方に違和感を覚えるのです。

思いがけなく得をするわけないですよね。

 

積み重ねですもの(^^;)

一発で終わっちゃ困りますよね。

 

さて、今回はチョットした言葉の使い方から、

ビジネスの本質に迫ってみました。

 

そういう小さな積み重ねが、商売の上でのWin-Winを成功させる

=リピーターを増やす。=ひいては自分の収入があがる。

という結果に辿り着くのではないかと思うわけです。

 

「儲ける」のではなく「稼ぐ」

一時だけ「棚からぼたもち」みたいな儲け方をしても

後が続かないのでは、全然仕方ない。

 

誰でも知ってる事ですが、みんな忘れてる事です。

あなたもチョット思い出してみませんか?

 

「稼ぐ」ためのヒントはコチラから←クリック

 

 

【閑話休題】どうでも…良くないっ!(T_T)

 

実はこう見えて、管理人すごく短気です。

家系からして短気です。

 

祖父は成人した父とケンカして、真剣で父を追い回したという武勇伝?を残してます。

追われた父も「瞬間湯沸かし器」の異名を持っていました。

管理人も「ああはなるまい…」と子供心に思っていたのですが…。

 

血は争えなかった(T_T)

この「短気」ってヤツ、ビジネスにもWin-Winにも、非っ常~に邪魔な属性でして(T_T)

 

先日、ネットフリマに新品のデジカメを6万円で出品していたんです。

 

そうしたらお問い合わせが来まして。

「すっごく欲しいです。5万円に値下げしてください。即決します。」って。

まあ、挨拶もなければ…用件だけのストレートな文章だし…。

内容が内容なうえ、何様的立ち位置がねぇ?

 

それを見た瞬間、管理人、むかっ(-"-)

6億円を5億円なら、あり得ない話じゃないかもしれないけれども。

パーセンテージ的に6万円は5万円にならないでしょうよと。

 

で返した返答が、

「お問い合わせありがとうございます。大変恐縮ではございますが、ご期待にはお答えいたしかねます。申し訳ございません。」

だったんですね。

 

当然、その件は流れたわけなんですが…。

その後、もう押し入れの隅に入ってアメノウズメさまでも踊ってくれなきゃ

出て来なくなるくらいの落ち込みモード。

 

な~んで、また、短気のまま返答を書いちゃったかなと(T_T)

落ち着いて、あと2時間してから書けば、

 

「お問い合わせありがとうございます。大変恐縮ではございますが、こちらのお品物は新品未開封で、メーカー保証が1年付くうえに

オマケまで付いた大変お得なセットになっております。当方といたしましても、ギリギリのお値段を付けさせていただいております。

このお値段で再検討いただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。」

 

って書けたよなぁ…って。

最初の返事はぶっきらぼうで、言葉遣いこそ無礼はない物の、取り付く島もない。

確かに値下げの余地はなかったけど…だけど…

商売が成立する前からWin-Winを投げ出してどうする?

って話ですよね(T_T)

 

短気は…ホントに損です。

 

それでは、また。

仕事が辛いは甘え?

目安時間:約 7分

 

ポチっとお願いします。ほら、騙されたと思って(謎)

 

 

こんばんは。管理人です。

 

今日、道を歩いていたらオジサン2人組が気になる事を

大声で(多分酔ってる)話しながら歩いてまして。

 

嫌でも耳に入ってきてしまってですね。

まあ、何となく要約するとこんな感じ。

 

  • 若手の社員が仕事がキツイと前からこぼしていた。
  • うつ病の診断書を提出して会社を休んでいたはずだった。
  • お盆休みに家族旅行に行く空港でバッタリ会ってしまった。
  • 会社を病欠しているヤツが海外旅行とはどうかしている。
  • 人事と相談して処遇を考えるべきだと思う。

 

といった内容でした。

まあ、もっと愚痴っぽかったんですが(^^;)

 

 

あなたなら、これ、どう思います?

 

まあ、一番問題視されそうなのは…

 

会社を病欠しているヤツが海外旅行

 

って所だと思うんですけどね。

 

まあ、身体の病気ならば当然っちゃ当然ですよね?

海外旅行に行けるくらい身体が動くなら、会社に来て仕事しろ。って話です。

それなら、管理人もそう思います。

 

下手をすれば、

 

ずる休みしてんぢゃねーよ(-"-)

 

とか言っちゃいそうです。

 

基本、管理人も会社員だった時には

「身体がちょっとでも動くなら、這ってでも会社行って仕事する。」

ってタイプでしたから。

 

でも心の病気ならどうなんでしょうか?

 

 

想像するに…

 

まあ、その人に会った事もないので何とも言えないんですが。

想像するに、最近言われる「新型うつ」ってヤツじゃないかと

管理人には思えました。

 

管理人のかかった「うつ病」ってヤツと特徴がかなり異なるらしいんです。

 

  • 他人の些細な一言で傷ついて立ち直れない。
  • 自分のやりたいことはできるが、嫌なことはできなくなる。
  • 他人に厳しく、自分には厳しくなることはない。
  • 気分のアップダウンが激しく、感情のコントロールができない
  • 自分で、休職に関する診断書を求め、会社を休もうとする

 

こんな感じの特徴があってですね…(^^;)

でも、これって、事情を知らない人が外から見ると

 

ただのワガママで根性のない甘ったれ!

 

に見えるんですよね…。

いや実際に知ってる人でもいましたけど。

 

本人はそれなりに苦しんでいて、自分ではどうしようもなくて

これを他人に努力を強要されたりなんかしようものなら、

病状が悪化の一途をたどって、とんでもないことになるんですが…。

 

厄介なのは、

 

「本物の甘ったれ」と「病気」の区別が素人につかない。

 

という所なのではないかと。

 

 

いいからそこに座れ。石の上にも三年 と言うだろう?

 

というような世代の人達は、未だに「うつ病」って

根性のないヤツの「言い訳病」だって思ってるくらいなのに、

「新型うつ」とか言った日には…。

 

もう、完全に理解の外でしょうね。

多分一生かかっても解り合える事はないと思います。

その人もうつ病にかからないかぎりは(^^;)

 

 

おい、管理人、何が言いたい?

 

そうなんです。

実は大した事が言いたいわけじゃないんです(爆)

 

今「新型うつ」で悩んでて、会社に行けない人。

悩んでるけど、全然周りに理解されない人。

 

病気なのに「甘えてる」とか言われちゃって、

ものすごく傷ついてる人。

 

無理する事ないんです。

我慢する事ないんです。

 

「うつ」の苦しみが解るのは「うつ病」の

経験者&当事者だけです。

 

結局、お医者様ですら「うつ」の苦しみなんて

心からは理解できないものです。

お医者様は「うつ」ではありませんから。

 

管理人には「うつ」の辛い気持ち解ります。

現役で「うつ病」の当事者ですから(^^;)

本当に辛い「今」は自分では何をどうしていいかなんて

全然解らないのも知ってます。

 

でもね。

 

無理にイヤな仕事をする必要なんてない。

理解してくれない人に、理解を求める必要もない。

そういう世界ってあるんですよ。

 

自分の好きな時に。

自分が「楽しい」って思えることを仕事にして。

普通のサラリーマン以上に稼いでしまう。

そういう世界。

 

あるんです。

うつ病の管理人が言ってるんだから間違いないです。

 

だから 管理人に連絡ください。クリック

自由な生活を手に入れるお手伝いします。

 

イヤなしがらみ、全部捨てて自由にやりましょうよ。

 

なんてことをね。

 

ちょっと言ってみたくなったんです。

 

自分が辛かったから、ちょっと陰口叩かれていたのを

思い出してしまって…。

 

あの、酔っ払いのオジサン達の部下の人…

ここを見ててくれたりしないかなぁ…。

 

 

会社は誰のための物?

目安時間:約 14分

 

ポチっとお願いします。励みになります。

 

 

こんばんは。管理人です。

 

 

毎日何の気なしに通っていると思ってると思うんです。

 

「会社」

 

あれって、何のためにあるか?って考えた事ありますか?

 

今回は意外と考えない、そんな事について考えてみたいと

思います。

 

 

別にそんな事、考えなくても

 

ちゃんと毎日通って、与えられた仕事をこなしていれば

ちゃんと給料がもらえるじゃない。

そんなこと考える必要ある?

 

そうですよね(^^;)

でも、その考え方だと、ものすごい損をしてる可能性が

あるんですよ。

 

ここだけの話。

マジです。

 

 

大会社なんかだと…

 

その会社のサイトを見に行くと書いてありますよね。

企業理念とかそう言うヤツ。

 

地域のくらしに根ざし、地域社会に貢献し…とか。

 

自由でみずみずしい発想を原動力に素晴らしい夢と

<中略>そして安らぎを提供します。とか。

 

当社の使命は<中略>ひとつひとつ丁寧に、地域のお客様と共に

”新たな街”を作り上げてまいります。とか。

 

こういうのを見ると、ああ、こういう企業って、

地域の為とか、お客様(私達)のためにあるんだなあ。

とか思っちゃいますよね。

 

…ちっと解りにくいな。

 

じゃあ、近所の八百屋さんならどうだ?

 

○○青果店は新鮮な成果を提供することにより

地域のお客様の健康増進に貢献し…とか書いてあったら?

 

流石に?ってなりませんか?

 

いや、何のためにその八百屋があるかって言ったら、

その八百屋一家の生活を支えるためにあるんだろう。

 

ってすぐに思いつきますよね。

その通りです。

 

じゃあ、会社は?

この論理で行くと、

 

「社員の生活を支えるためにある。」

 

そんな気がしちゃってきます。

ところが、

 

これはちょっと違うんです。

 

 

じゃあ、駅前のパチンコ屋はどうよ?

 

パチンコ屋さんって、誰のためにあるんでしょう?

 

パチンコ屋の従業員の生活を支えるため?

パチンコを楽しむ人の為?

パチンコが上手で、パチンコで儲けを出せる人の為?

 

ほら、段々しっくり来なくなってきたでしょ(^^;)

 

パチンコ屋さんって、1日ですごいお金が動きますよね?

好きな方はご存知でしょうが、1万円札なんてあっという間に

吸い込まれて行きます。

 

そういう1日にお客さんが何百人いらっしゃるんでしょうねぇ?

そりゃもちろん大勝する方もいらっしゃいます。

だけど、負ける方と勝つ方の比率はどのくらいですか?(^^;)

 

そう考えると、1日に動くお金は数百万円ではきかないかもしれません。

 

それが従業員の生活を支えている?

パチンコ屋さんの店員さんがそんなにリッチだというお話は

聞いたことがありません。

 

そうです、お金はどこに行っているかと言えば…。

全部 経営者の懐に入ってる わけです。

 

それを「嫌気がさされない程度」にお客様に還元しつつ、

大半からは、搾取し続けているんです。

従業員の労働力も使って。

 

そして、その労働対価を従業員にチョットだけ払う。

お客様の落としたお金はガッポリと…。

 

実は大企業もこれと全く同じです。

 

 

会社は「株主」の物。

 

会社は何のために存在するか?

実はですね、めいかくなんです。

 

持ち主=株主を儲けさせる。

 

そのためだけに存在します。

 

それが証拠に、普段は「社長」だ「取締役」だと

あなたが口を利く事もままならぬような偉い人も「株主総会」に

主席するとですね…

 

「株を持っている」というだけのオジサン達に頭があがらないんです。

つまらないミスに、あーだのこーだの文句を付けられても平身低頭。

 

なんで、そんな偉い人が、宿題を忘れた小学生みたいな事になるか?

会社の存在意義「株主を儲けさせる」に失敗したから。

 

最初に出てきた「社会貢献」がどうこうなんて言ってる人は

そこには一人もいないんですよ。

 

 

じゃあ、あなた(会社員)って何?

 

企業が利益を上げるための部品です。

パチンコ屋さんの店員さんです。

 

そこで、考えてみてください。

パチンコ屋さんが全自動化出来たら。

店員さんが必要なくなったらどうでしょう?

 

パチンコ屋さんの持ち主は大喜びしますよね?

人件費が出て行かなくなる=儲けが増える  んですから。

パチンコ屋さんは、パチンコ玉は必要でも、店員は要らないんです。

 

ってことは?

 

会社も同じです。

 

あなたは会社にとって最も邪魔な存在です。

代わりはいるけど、いないと利益が出なくなる。

だから仕方なく給料を払っているけど…。

 

給料を払わなくてもよい、ロボット社員ができたら。

あなたはすぐにでも会社を放り出されます。

だって、株主様の利益を減らす存在なんですから。

 

実際、オートメーション化が進んだ業界はどんどん

人を減らしていますよね?

 

生産、物流と来て、鉄道の運行がほぼオートメーション化され、

道路を走る車のオートメーションももう10年かからないでしょう。

 

これから先、会社からお金を貰える会社員は

今の「芸術家」並みの才能を要求されるようになるんでしょうね。

 

 

じゃあ、どうすりゃいいのよ(怒)

 

ですよね(^^;)

 

だったら、会社員をやめちゃえばどうですか?

 

そうすれば、イヤイヤ給料払われて偉そうな顔を

される事もなくなります。

 

替えの効く歯車としてすり減りながら「株主」様

の財布の中身のために働く必要なくなります。

 

通勤電車なんて、非人道的な拷問を毎日受けなくてよくなります。

毎日昼まで寝て、好きな時間に仕事をする。

そんなのもありなんですよ。

 

上司にイヤな仕事を押し付けられて、毎日残業&休日出勤、人権はどこだ?

自分の好きな仕事を全力で、ノリノリで楽しんでやる。

そんな生活しましょうよ。

 

幼いころから

「良い学校を出て」→「良い会社に入って」

→「定年まで働いて」→「年金と貯金で暮らす」

 

なんて価値観を押し付けられて育っちゃいましたから

今更、考えを変えるの大変ですけどね。

もう、そんなの成り立たないの気が付いてますよね。

 

だから「会社」なんて「監獄」はさっさと脱獄しちゃいましょう!

 

 

というわけで。

 

最後にちょっと余計なのがくっつきましたが。

会社って誰のものか考えてみました。

 

学生の時の仲間が夢いっぱいに作った小さな会社。

なんてのはこの限りではありません。

でも、大きくなればいつかこうなる。

 

まあ、それは今はいいか。

 

というわけで、会社員のあなた。

今、属している「会社」という組織の本質に

目を向けてみてくださいね。

 

あなたを幸せにしてくれる要素は

どこにもないはずですよ。

 

ちょっと、そんな事を考えてみてください。

彼女と話し合ってみるのもいいかもしれません。

 

今日の本題はここまでです。

 

 

どうでもいいが、

 

ちょっと前になりますが、また車の試乗に行ってきました。

 

フォルクスワーゲン の Golf R です。

 

走りのイイGolf と言えばGTIが有名ですが、実はこっちの方が…おバカです。

2,000cc のDOHCインタークーラー付きターボ にAWDというイカレっぷり。

車両重量が1,510kgしかないのに、310PS (^^;)

 

見た目がこんなにおとなしいのに、スバルのインプレッサstiと

互角以上に戦えちゃうバケモノです。

 

 

ディーラーの方のご厚意で、高速道路まで試乗させていただきましたが…

いやいやいやいや、こんなに乗りやすくてパワーは出るわ思い通りに舵は切れるわ。

以前に乗っていたインプレッサを彷彿とさせるポテンシャルの高さ!

 

何をやっても思い通り!…軽さからくる気持ちの良さは特筆ものです。

で、高速の合流や追い抜きでは!

シートバックに背中が張り付きます!

そのままアクセル踏んでると、おまわりさんに怒られる速度までほんの一瞬です!

 

ちなみに中は見事なまでに上品で、エコモードで普通に運転してたら、

こんなすごい車だって、気が付かないんじゃないかってくらいに、

普通以上に上品さん。

 

彼女も家族も誰にも文句を言わせない、普通に見えて最高に贅沢な車です。

 

「こういう所がドイツ車の凄いところだよなぁ…。」って思う良い所は全部ついてる。

ただし!日本のちまちました下道を走っても、ドライバーはちっとも面白くない(^^;)

 

あっと!この車で一番びっくりした所!

性能と全然関係ないんだけど…塗装の質がハンパなく良い!

 

写真はチョット暗くて解りにくいんだけど、ホワイトがこれ以上ない位に

ちゃんとホワイトで、塗装見ながら2時間お酒が飲めるくらいに美しい!

これは国産車にない美意識!

 

 

デザインも外連味が無くていいですよね。

さりげなく、カッコいいところはカッコいいし。

 

最近の国産車はデザインがどっかおかしい。

プリ○スなんて、だれがGOサイン出したんだ?

と僕は思ってしまうんですが。

 

 

フォルクスワーゲン の Golf R 

今のところすごく気に入っているんだけど、BMW M140i がまだ控えてる…。

あっちは直6、3,000のツインターボ…340PS (^^;)

 

スバルのWRXもまだ候補に残ってるし。

 

さて、どうしましょうかね。

 

効率的時間活用法…なんて言葉をよく聞くが?それ必要?

目安時間:約 9分

  

ポチっとお願いします。コレが生きがいです(笑)

 

こんばんは。管理人です。

…マンネリここに極まれり(^^;)

 

 

みなさん、夏休みですかね?

 

どうですか、充実してますか?

それとも、普段の疲れを癒すべく

全力でダラダラしてますか?

 

時間の過ごし方なんか人それぞれですから、

どこでどう過ごしてようと人に文句を言われる

筋合いの物ではありませんよね(笑)

 

 

時間を無駄にするなと偉い人は言う。 けどさ!

 

「時は金なり!」「時間を無駄にするな!」って

よく言いますよね。

 

って言うか、人に 言われますよね (^^;)

これって、時間を無駄にしないで(そのままやん!)

有意義に使え!って怒られることが多いんですが。

 

これをこのまま「寝る間も惜しんでがむしゃらに働け」

的に捕らえてしまうとですね。

 

すっごく「時給的発想」ではないかと、

ふと思ったんです。

 

ええ、何十年と言われ続けてきて…ともすれば、

サラリーマン時代に部下に言ったこともあったかも…。

 

でも、無駄な時間って、そうそう使えないんじゃないかって

最近は思うようになってきてですね…。

 

まあ、受験前の学生さんが、勉強しないでスマホいじってばかりだと

流石に目的を見失っているなとは思いますが(笑)

 

 

時間を有意義に使うって何さ?

 

僕、過去の「やとわれ人」人生 の中で、1時間の最高単価が

3万円だったんです。
まあ、もちろんそれが自分の手元に入ってくるわけでは

なかったんですが。

 

会社にとって「1時間で3万円稼ぐ人」だったんです。

こう考えれば、時間は無駄にするな、有意義に使え!ってなりますよね(笑)

働けば働くほど会社は儲かりますから。

 

※追記

よく計算してみたら、時間当たり5万円近くお客様から

いただいていた事になってました。

…もう少し給料に反映して欲しかった…(T_T)

 

2時間かかる事を1時間で済ませて、次のお客さんの

仕事に取り掛かれば、倍のお金が取れます。

そういう事ですね。

 

でも、会社も辞めて、時間単価なんか解らない人生を

はじめてみて…結構長い事経ちますが。

そういう理屈は「人を使う理屈」であって「使われる理屈」

ではないような気がしてます。

 

今日、ボケ~っとタバコを吸っていて。

ここ数日ボケ~っとしていた時に

頭にモヤモヤしていたものがあったのですが…。

 

突然頭の上に ピンポンっ!って旗が立ちまして。

新しい、ビジネスのアイディアを思いつきました。

 

これ、多分ガツガツと時間に追われるように

有意義に使っていたら、

 

思いつく暇がなかったと思います。

 

煮詰める必要はありますが、どうも収入になってくれそうです。

これ、ちゃんと軌道に乗せる事が出来れば、年間で…

いやらしい話はやめましょうか(^^;)

 

 

あーあ。ひねくれゾンビがなんか言い始めたぞ。

 

じゃあ、なにか、ボケっとしてれば必ずいいことがあるんかい?あ?(''Д'')

 

いやいや、そういうことじゃなくて(^^;)

「時は金なり!」「時間を無駄にするな!」って言われても、

間に受けるな…というか、言葉の通りにとるなって事です。

 

更に言うなら「使う側の理論」に踊らされるな。と。

こういう事を言われて、無理に「時間を開けちゃダメだ。」とか

「もっともっと何かしなくちゃ!」ってなる必要はない。

 

そう考えましょう。って言いたいんです。

 

 

解りにくいね?

 

何もセカセカ働きまわるだけが、この言葉の意味するところではない。

って事です。

 

時間を無駄にしない=時間を全部労働力に変える

 

こういう「時給的発想」で生きちゃダメだってことです。

 

もちろん、通勤電車の中でスマホいじって時間をつぶしてしまうくらいなら

自分のためになる本を読んで過ごす。

こういう解釈ならいいんです。

 

でも、他の人から見たら「ボケっとしてる」かもしれないけど、実は頭の中は動いていた。

これは、これでいいと思います。

 

マンガ読みながらゴロゴロしていて、時間を無駄にしているように見える。

けど、そのマンガからどんなインスピレーションを受けているか、外からは見えない。

そのインスピレーションが、いつ何時どこで花を咲かせるか解らない。

 

自分の時間を切り売りするのが「時給いくら」の世界。

自分の時間を自由に使えるのが人間らしい生き方です。

 

《不労所得と生きがい》 というのを先日書きましたが、

毎日が精一杯で「生きがい」や「夢」まで

気が回らないというお話を多数伺いました。

 

まさに「時給的発想」の餌食になってしまっている

気がします。

 

どこかで断ち切らないといけないのではないかと。

でないと、

 

いつの間にか一生が終わってしまう

 

のではないかと…。

 

ちょっと、今日は寝る前にこんな事を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

どうでもいいが。

 

 

 

8/4だから、もう結構前なんですが、

平塚の美術館に絵本の原画展に行ってきました。

 

奥さんと娘が絵本好きなので、お供してきたんですが…。

(実は僕も日本の絵本は結構好きだったりします。)

 

すみません、それらしい写真がないのは…

当然のように「館内写真撮影禁止」だったものですから(^^;)

 

全く関係のない写真ばかり(^^;)

 

 

奥さんはシフト勤務の人なので、シフトの合間を縫って。

 

娘は夏休み。

 

ここで、僕のスケジュールがいかにでもなってしまうのが

大きいです。

 

時間も決めないで、その日になってから

 

「車出して~。」「あいよ~。」でみんなで出かける。

 

家族との時間をちゃんと取れてしまう。

 

こういう生活を有意義というのではないかと…

僕は思ってます。

 

不労所得と生きがい

目安時間:約 11分

 

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

 

こんばんは。管理人です。

 

 

この出だし、何とかならないものかと

思案中なのですが…

アイディア募集中です(^^;)

 

ところで!

 

あなたの生きがいって何ですか?

趣味じゃありません。

生きがいです。

 

って聞かれたら、なんて答えますか?

チョット困りますよね?

 

大抵の人が詰まると思うんです。

イジワルな言い方してしまうとですね…。

 

生きがいがある人。

多分こんなブログ読んでないと思うんです。

 

あー!怒らないで!

 

別にバカにしてるわけじゃないんです。

「生きがい」を持つためにちょっと考えよう

ってのが今日の趣旨なもんですから(^^;)

 

 

そもそも、生きがいってなんだろね?

 

あの、生きがいって、言い換えれば

生涯の目標みたいなものがあって、

それが達成されていく実感みたいなもの

じゃないかと思うんです。

 

例えば。

 

「すっげぇ野球選手になる。」って目標があって

リトルリーグの代表選手になるところから始まって、

甲子園に行って、プロ入りして、大リーグ行って

誰も成し得なかったような記録を打ち立てる…。

 

まあ、この辺で一区切り、素晴らしい人生ですよね。

で、この人は多分、いつの瞬間をとってみても

「野球が生きがい」って感じになるんじゃないかと。

 

で、多分、野球の為なら普通の人が出来ないような

苦労もやり遂げてしまうんだろうなぁ、と。

大変だろうけど、羨ましくもある。

 

オリンピックに出てる選手なんかも大半が

そうなのかなぁ等と想像してみたりするわけです。

 

違いますかね?

 

 

でも、そうするとさ。

 

でも、そうすると、なんかチョット一般人とは

かけ離れた所にしか、生きがいってないのか?

とか思ってきます。

 

なんか、生きがいって「大きな夢」とセットなのか?

とかそんな感じがしてきます。

 

 

いやいやいやいや。

そんなんじゃないよ。

もっと小さな事でいいんだ。

 

という人、いるかもしれません。

 

「毎日家に帰ってゲームをするのが生きがいなんだ。」

「趣味で音楽やるのが生きがいなんだ。」

「いつか世界一周旅行に行くために貯金するのが生きがいだ。」

「休日にマイホームで家族と幸せに暮らしていることが生きがいだ。」

 

 

ふむ。

 

それ、嬉しいことだし大事だし、幸せかもしれません。

日々、目の前の幸せを見逃さない。

小さな喜びを忘れない。

 

人間としてすっごく立派であり、そうでなくては

いけないと思えます。

 

 

でも、ちょっとまった。

 

でもですよ?

 

「休日にマイホームで家族と幸せに暮らしていることが生きがいだ。」

 

これ、偉大な大リーガーもできる事ですよね?

 

何が言いたいかというと…。

 

「今できる範囲で生きがいを作っちゃってませんか?」

 

って事です。

もっと言いましょう。

 

今日からあなたには毎日100万円の収入があります。

 

ってことがあるだけで、その生きがいはすぐに変わるんじゃありませんか?

という話なんです。

 

 

今の生きがい本物ですか?

 

あなたは小さな生きがいを持ってるかもしれない。

夢もまだ持っているかもしれない。

 

多分「普通の人」のまま今まで来て、今を暮らしている。

 

でも、生きるのに手いっぱいな人生をやめてみたら。
やりたいこと沢山あるんじゃありませんか?

 

ゲームが好きな人…ゲーム会社ごと買っちゃえ~!

もっと面白いゲーム楽しめるんじゃない?

 

音楽好き?会社辞めたら、今から1日8時間音楽やれる!

 

豪華客船で世界一周…どころか、10周したっていい。

なんなら専用客船買っちゃう?

 

休日にマイホームで家族と一緒?

会社辞めたら、24時間365日家族といられますよ?

それに、家族のやりたい事も全部叶えてあげられる。

 

ね?

 

今日からあなたには毎日100万円の収入があります。

 

これが事実になれば全然「生きがい」変わってきますよね?

 

管理人は前に書いたように正義の味方になりたいので…

もっとお金を貯めたら…さて、どうやろう(^^;)チトムズカシイナ

 

 

と、まあ、極端な話はしましたが。

 

今日からあなたには毎日100万円の収入があります。

 

と、これを前提に話をしてみたんですが…。

どうやら、生きがいも夢もどうやら変わりそうじゃありませんか?

 

な~にを、夢みたいな話をしてんだっ!このゾンビっ!( `ー´)ノ

 

という声が聞こえてきそうなんですが(^^;)

 

はい。これは確かに夢です。

ネットビジネスやってる人でも、このレベルはかなり難しいです(^^;)

 

でもね。

 

今日からあなたには毎100万円の収入があります。

 

なら、結構ゴロゴロいるんですよ。

最初の1年頑張っちゃえば、ほぼ「不労所得」ってレベルまで労力を減らせます。

もちろんノウハウは必要なんですけど。

 

 

今日の管理人は何が言いたいのか?

 

つまりですね…。

 

今のあなたは、多分本当の生きがいとか夢とかにフタをしちゃってるんじゃないかと

思いまして。

 

長い長い時間、社会の常識に繋がれてしまって、色んな事忘れてるんじゃないかって。

 

でも、自由になれば、出来るんですよ。

 

「夢みたいな事」って言いますけど、お金で何とかなる事は夢じゃないですから。

 

って言いたかった。

 

 

管理人もまだまだ上を目指していきます!

 

以上ですっ!(^^;)

 

あー。愛はお金で買えないぞ。とか言ってる人がいたら正座してよく聞きなさい。

確かに愛はお金で買えないが、お金が無い方が愛が手に入りやすい訳じゃないからね。

愛があればお金なんてなくても。なんてのは幻想で、両方あった方がいいのは

目に見えてるからね~。

 

 

どうでもいいが。

 

 

 

管理人、実はすごく車が好きなので、ちっとそんな話題も(^^;)

 

BMWさんに試乗に行ってきました。

 

最近の国産車の作りが嫌になって、外車も視野に入れ始めたわけです。
あまり車体が大きなのが好きではないので、まずは 118d M Sport という車種から。

2.000cc の4気筒クリーンディーゼル車です。

 

いや、作りの良さは圧巻でした。

もう何ていうか、使うべきところにちゃんと材料を使ってしっかり作ってある感じ。

捩れたり歪んだりって言葉とは全く無縁。

 

中も、内装が豪華とかではなく、使いやすいところに使いやすいように、当然のように

ちゃんと色んなものが当たり前に配置されてる。

いや、もちろん豪華なんですけどね。

 

すっと手を伸ばすとそこに操作すべき物があって、カチッと操作できる。

見てくれがいいだけじゃなくて、確実に…見なくても操作できる。
最近の日本車が忘れた設計思想ですね。

 

ご厚意で結構な距離を試乗させていただいちゃったんですが。

もう、優等生の一言。流石BMW!

 

でも…結論としては、この車がダメとかでは全然なくて、
加速感というかトルク感が性に合わないのと、ブレーキのフィーリングが

上品すぎて好みじゃなかったです。

加速感とかトルク感はMazdaのAXELAに試乗した時と同じような

気持ち悪さを感じたので、多分管理人はディーゼルエンジンと相性が悪い

のではないかと思われ。

 

多分、6気筒ターボのガソリン車 M140iの方が性に合ってるのかなと。

その内試乗させてもらう予定です。

 

パワーアップアイテムには罠がある。~ビジネス本に隠れた嘘~

目安時間:約 9分

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

 

こんにちは。管理人です。

 

前回《行き詰った夢と仮面ライダー》の中で

行き詰まったら、パワーアップすればいいんじゃない?

あなたのパワーアップアイテムってなんだろう?
手軽な所で「本を読む」なんてのはどうだろう?

てな、お話をしてた所でしたね。

 

こういう場面で「本」っていう事になると

まあ、「三国志」とか「日本美術全史 世界から見た名作の系譜」
と言った感じの物は出てきませんよね(^^;)

 

「現代広告の心理技術101」とか「最も伝わる言葉を選び抜くコピーライターの思考法」
なんて感じのビジネス本の方が、このブログを読んでいるあなたにとっては

パワーアイテムになり得そうですよね。

 

さあ、パワーアップするか…あれ?

 

ところで今更なんですが、あなたはビジネス本お好きですか?

 

実は管理人は「ビジネス本」大っ嫌いです(^^;)

特に思想系になってくると、読む前に「心の壁」を展開しちゃいます。

 

 

 

というのも…

 

  • チョットその道で成功しちゃったヤツが
  • 天狗っ鼻になってしまって、周りが見えなくなってる状態で
  • 上から目線で「極論」振り回して書いた本…とか

 

  • 金持ちっぽい人が、
  • 金持ちになれるっぽい事を、
  • 金持ちキャラになりきって書いた本…とか

 

という物が、少なくないからです(-_-;)
特に「天才」とか「鬼才」とかいう冠が付いた人の本は
読んでも真似をすることができない。

というより、

 

「それはあなたが、タマタマできた事だね」

「ソコに着くまでに、敵をたくさん作ったね。」
「後でいっぱい後悔する日が来るよ。」

 

って、だれか途中で言ってくれる人はいなかったのかなぁ…?

とか、変な心配をしなきゃいけないような物を読んでも、

何の得にもなりゃしませんよね?

 

 

というより、既にタレント本

 

って領域に達しちゃってる物まであるわけなんです。

 

「業界の異端児!」的な人がですよ。

ハチャメチャな事を書いてみたりするわけですよ。

 

何でもいいですけど…「ビジネスに電話は不要だ!」

とかなんとか言い切ってみる。

で、後から理論的こじつけをゴリゴリと。

でも、キャラが立ってるから「ほほう!」ってなって、

買っちゃう訳です。読んじゃうわけです。

 

で、もって真に受けて、実現したりしようとして

バカを見るんですよ…。

 

ああった類は「売るために書いた本」であって、

それ以外の何物でもないですからね。

 

あなたや管理人が必要なのは、そういう本を書くための

手法であって、その結果出来あがったものに騙されていては、

どうにもなりません(^^;)

 

 

じゃあ、どんな本を読む?

 

まあ、結局は「評判の良い本」「売れている本」を読むことに

なるんですけどね(^^;)

 

でも、少しだけ読み方が違います。

 

管理人の場合、

「この本に書いてあることは、全部『巧妙な嘘』である、

だから隙あらば、それを見つけて突っ込む。」

 

という、非常にひねくれた読み方をしています。

 

なんでかって言うとですね…

「評判の良い本」「売れている本」って、舌触りというか

耳障りというか…読んだ感じがいいんですよ。

だから売れるし評判もいい。

 

だけど「内容がいい」とは限らないんですよね。

みんな洗脳されて、騙されちゃう。

特に有名人とか、インパクトのある人生を送ってきた

人の本とかには騙されやすい。

 

中には妄信的なお弟子さんとかがいて、その人が師匠の教えを

書いた本とかを出版しちゃったりするわけです(^^;)

もう、布教活動です。

 

ただし!これが、良いとか悪いとかは、あくまでも

「内容による」んです。


あくまでも!内容!

 

 

そんなひねくれたパワーアップ嫌だな…

 

確かにね(^^;)

 

でも、こういう読書法、インチキビジネス本を読んで

「その気」になって、実は何も身になってない。

っていうような事を防いでくれます。

 

目を皿のようにして粗探しするわけですから、

内容もきちんと理解しないと、突っ込みが入れられないから

自然と、きちんと読むようになる。

 

で、内容の良い悪いをきちんと理解したうえで…。

「良い所」だけ貰えばいいんです(笑)

 

ほら、前回ちょっとドラクエのアイテムの話になりましたけど…。

拾ったアイテムをなんでもかんでも装備しちゃうと

「呪われたアイテム」とか装備して大変な事になりますよね?

 

だから、アイテムの装備は慎重に…ってことで。

 

 

話は変わりますが…

 

最近色々な方からメールをいただきます。

勧誘だったり、商材の紹介だったり仲介だったりするんですが…

 

「いや、あなたソレ、騙されてると思う。」
って何度か書きかけました(^^;)

 

まあ、証拠はないし、それを掘り下げている時間もないし、

何より相手がそれを望んでいないって事で…やらないんですが。

 

ここを読んでいるあなた。

 

もしも貴方が

「自分もまだ実践しきれてなくて、すべての内容も解らないような物」

を記事に書いたり、人に勧めたりを推奨されているなら(婉曲表現)。

 

もう一度、自分の足元と、自分の周りを見渡して欲しい。

そりゃ「上を見れば稼いでいるヤツ」はいるさ。
でも、周りはどうなのよ?って事をよく考えて!

 

何人が稼いで、何人が働いて…その塾?セミナー?

ってハッピー、アンハッピー比率どのくらいなのよ?

 

って考えてみてください。

 

思考することを止めて、人に従うのは楽な事ですが。
その瞬間に「脳死」が始まってますよ。

気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

ど~でもいいんですが。

 

管理人、昔のイケナイ趣味が(^^;)

 

 

「ミニ四駆」って知ってますか?

元、男の子は、一回くらい手を出した事…ありますよね?

 

世代によって、何回かブームになってきたんですが…。

今回はすっかり大人の趣味になってるとか。

ちょっと前に聞いてはいたんですが、

意外に本気の方が根深く多いらしいです。

 

 

って、ああっ(^◇^;

数百円のおもちゃが、変わり果てた金額と姿に(笑)

 

 

家用にコース買っちゃおうかな…。

 

 

はい。どうでもいいですね、そんな話。

 




行き詰った夢と仮面ライダー

目安時間:約 8分

 

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

 

こんばんは。ゾンビ管理人です。

 

 

あなた「夢」って持ってましたか?

 

サッカー選手になりたかった。とか

宇宙飛行士になりたかった。とか

有名Youtuberになりたかった。とか(笑)

 

今はどうですか?

まだ、その「夢」持ち続けていますか?

 

 

管理人の夢

 

実は管理人、子供の頃から「夢」のない子供で(^^;)

現実的に「将来何になりたい。」というのが

全くありませんでした。

 

競争心も全くなく。

勉強やスポーツで負けても一切悔しくない。

…ま、これは親の極端な教育の裏返しで、

将来ゾンビになる原因にもつながるわけなんですが…

それは置いといて。

 

あえて言うなら、子供の頃に見た「仮面ライダー」に

ドえらく憧れて「大きくなったら仮面ライダーになりたい。」

と思っていました。

それ以来「夢」が更新されていないので、

管理人の「夢」は、今もって「仮面ライダーになりたい。」

ということになります(笑)

 

 

管理人が病気になって、ゾンビ化した時に

「ああ、こんなになっちゃ、仮面ライダーにはなれないなぁ…(本気)」

と思った事を覚えてます。

 

でも、最近のシリーズになって、

「仮面ライダーなのにゾンビ!」って奴が出てきて、

管理人はひそかに喜んでいます。

 

「おい!仮面ライダーなのにゾンビかよ!

まだ諦めなくていいじゃん!」って。

 

はい、ソコ、呆れない。

一応、話の本題はこれからだから。

 

 

仮面ライダー”デンジャラスゾンビ”

 

 

 

 

まあ、仮面ライダーになるにはさ

 

色々、テクノロジー的な問題とかあって

今すぐには出来ないかもしれませんよね。

 

でも、諦めたら絶対になれない。

 

諦めないで、頑張って大富豪にでもなれば

「仮面ライダー」は無理でも「バットマン」には

なれるかもしれないじゃないですか!

 

 

 

この際「諦める」って選択肢だけはとったら

いけないわけなんですよ。

 

 

でも「夢」って遠くにある。

 

じゃあ、まずは「大富豪」だっ!

と言ったところで、結構大変です。

そもそも、なれるのか?

 

って思いますよね?

 

管理人の場合は、幸いアフィリエイトという

道に出会いました。

 

少なくとも「会社」という「監獄」の中に

いるよりは「夢」の実現には近そうです。

 

 

あなたもきっとそうです。

何か「夢」ってあったはず。

 

それなのに、いつの間にか「監獄」人生に

慣れてしまって、そこから脱走する「思考」も

奪われて、いつの間にか「夢」なんて幻だった

とか思いこみ始めてる。

 

そんな事ありません。

まず「自由」になってしまえば、遠くはあるけれど

「夢」には手が届きます。

 

まずは「会社監獄」から「脱走」せねば!

 

 

実は「国家公務員」の仮面ライダーがいたのは内緒(笑)
仮面ライダー”G3X”

 

 

じゃあ、「夢」を追いかけるとしてさ

 

まあ、簡単にはいきませんよね。

「夢」って言葉のパートナーは「挫折」です。

 

あなたは 挫けそうな時、心が折れそうな時。

どうやってモチベーションを保ってますか?

 

それとも、保てなくてあっさりと挫折しましたか?(^^;)

いやいやいや、それでは、いやはや何ともです。

 

管理人はゾンビなので、全身をすり潰されでもしないかぎり

二度と死にませんが、あなたはそうはいかない。

 

とすれば、「仮面ライダー」に倣ってパワーアップしましょう!

 

まって!×ボタン押さないで!

チャンとした意味があるから!(^^;)

 

 

あなたを「パワーアップ!」

 

最近の仮面ライダーは次々と現れる強敵に、追加アイテムで

どんどんパワーアップして対抗していきます。

昔は「猛特訓」をしたもんですが、今は追加アイテムですね。

単にスポンサーの玩具を売らなきゃいけない都合なんですが

 

じゃあ、あなたの「パワーアップ アイテム」ってなんでしょう?

 

一番簡単なのは「本」じゃないでしょうか?

 

自分が何に行き詰っているかを考えて、Amazonで検索をかければ

それっぽい本がたくさん出てきます。

 

後はカスタマーレビューを片っ端から読んで、

評判の良さそうな物を選ぶ。

選んだらポチっとしてやれば、2~3日後には

あなたのお手元に届いているわけです。

 

後は、読むだけ。

 

ダメですよ、買って満足して終わっちゃ。

パワーアップアイテムは、買っただけじゃダメなんです。

ちゃんと装備しないと使えませんよ?

 

ん?あれ?仮面ライダーのハズがドラクエみたいに

なってきましたが…。

 

まあ、いいです。

 

これであなたもLv1からLv3とかLv5くらいに

なっているハズです。

 

Lv1では乗り越えられなかった問題も

クリアできるようになっていますね。

 

さて、次回はこのパワーアップアイテム

「本」について少し書いてみたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

感想、ご質問、罵詈雑言、どしどしお寄せください。

下のコメント欄からでも結構です。

「人に見られたくないな。」ってシャイなあなたは

お問い合わせフォームからお願いいたします。

 

パワーアップアイテムには罠がある。~ビジネス本に隠れた嘘~

 

 

メンターと仲間~それ、ホントに本物?~

目安時間:約 8分

  

ポチっとお願いします。

生きる気力になります。

 

 

こんばんは。管理人です。

 

前回

 

メンターって何?~ちゃんとした塾に入ればいいんでしょ?~

 

こんなのを書きました。

 

本物のメンターさんに出会うには?

っていう事を主題に書いて、

後は、仲間も欲しいよね?

 

って事だったんですが…。

 

それに加えて言っておきたいことが。

 

 

実はこれも大事な事なんです。

 

メンターさん大事。
仲間も大事。
これはすごく言いたい事なんだけど。

 

それ以上に伝えたい事があります。

 

メンターさんいません。仲間もいません。
アフィリもうまくいってません。
教材も何個か挫折しました。
ちょっと心細いな~。この先どうなるんだろうな~。

 

っていう人を専門に狙ってる

 

詐欺師がいるので気をつけて!

 

 

 

アフィリエイトを始めた頃の孤独…

 

アフィリエイトを始めた頃って…いや、最初はいいんです。

勢いに乗って色々がむしゃらにやれるから。

 

でも数カ月経って、ふっと速度が緩んだ時。

自分のやってる事に疑問を持ってしまって、立ち止まった時。

 

津波のように孤独が押し寄せてきます。

 

 

…多分、前回に書いた「反面教師」的意味合いで、

そのタイミングで現れるんでしょうね、「詐欺師」(^^;)

ドンピシャで来るんですよ。

 

本当は、その「詐欺師」から、

「ああ、こういう輩に付け入らせる隙があった。」とか

「こういう悪人はこういうアプローチをかけてくるのか」とか

そういうことを学んで、本物のメンターさんや仲間を見つけるための

材料にして欲しいんですけども。

 

あ、稼げなくて悩んでるんですか?

 

ウチの塾に入れば、メンターさんと呼べる人は
わんさかいるし、稼ぐ方法なんてジャンジャン教えるし。

 

たった30万円で…あ、月々1万5千円の分割でいいですよ。

ん~大体の人は半年以内に元はとっちゃってるかな~?

早い人なら3カ月かかってないと思いますよ?

 

仲間も沢山いるから、励まし合って楽しくやっていけるし。
ブログも作らなくても塾のブログ使えばいいし。

 

〇〇メソッドっていう、ウチの塾独自の理論があって、

それに基づいてやっていけば、記事もスラスラ

書けるようになるし、人も面白いように集まってくるし。

 

ああ、もう、塾で用意した商材があるから、それを売れば
バンバン売れるし。

 

「塾」っていう堅苦しい感じじゃなくて、

部活みたいなノリで、ガンガン稼げちゃうから!

 

なんてのがね(^^;)

 

30万円の出費は嫌だけど、3ヶ月で回収できるなら…。

とかフラフラ~っと。

弱みに付け込まれてと言うか…

暗黒面(ダークサイド)に堕ちるわけです。

 

 

 

 

 

って、入ってみたら

 

大したことも教えてもらえず。
それが何だかも理解できてないのに、
情報商材の記事を書かされてみたり。

 

テンプレ渡されて、リライトして自分の名前で

塾のブログに投稿させられたり。

 

ただ、ただ、ブログ回りを推奨されて、塾のブログに
お礼参りを呼ぶ、働きバチをさせられたり。

 

○○メソッドは「何とか心理学によるアプローチ

を学ぶ事によって云々」と宣伝文句を常套句に

して書き込むことを強要されてみたり。

 

で、自分でブログ書けるような人は、ひたすら塾を褒めちぎる
記事を書かされて、数でサーチエンジンを制圧しにかかる。

 

それを強要するっていうか…。

そうしてれば儲かるって洗脳するっていうか…。

 

そういう詐欺師がいるんです。

 

 

ほとんどインチキ宗教。

 

もう、何にも解らない状態の

初心者をつかまえてきて

そういうことを刷り込む。

 

で、それをやってれば儲かるって

繰り返し「発信」させることで

自分自身を洗脳状態に置かせる。

 

 

よく考えると、よく周りを見回すと

儲けてる人は本当に一握り。

 

でも、それを口に出すと

「頑張りが足りないからだ。」

と言われてしまう。

 

で、仕方ないので、

「これを続けていればいつか儲かる」

とまた自分に言い聞かせて

働きバチを続ける。

 

 

こういう所にハマった人の特徴

 

まあ、色々あるんですが。

解りやすいのが

 

  • 〇〇心理学とか言ってる割に書く事が稚拙。
  • 「アンリミ」とか「SIRIUS」とかの記事を書く事もあるが、
    一目で「中身を理解していないな。」と判る。
  • ブログにコメントを残していくが、記事を読んでないのが
    一目瞭然の「お急ぎコメント」を残していく(^^;)

 

この辺ですかね。

なんでわざわざ特徴を書いたか。

 

つまりこういう所にハマっても、↑の未来が精一杯って事です。

稼げる云々のレベルじゃない。

 

 

言いたい事は2つ

 

  • 先生として現れる「反面教師」の悪い面に引っ張られるな!
  • こういう詐欺にハマるな!

 

です。

主旨が2つに 散っちゃっていますね(^^;)

記事の趣旨は1つにまとまってないといけないんですが。

 

でも、言いたい事は解ってもらえますよね?

 

 

ポチっとお願いします。
  

 

マジぱねぇくらい助かるんで~!

 

ブログで売れる商品って?~鶏が先かタマゴが先か?~

目安時間:約 12分

ポチッとお願いします。(土下座)

 

 

こんにちは。管理人です。

 

今回は「ブログで売れる商品って?」

それはなんだろう?ってお話です。

 

でも、核心に触れるのがチョット先なので、

我慢してお付き合いくださいね。

 

 

先の記事で

SEO対策とキーワード選定の嘘~焼き鳥屋のうちわは大事なのか?~

 

等と大層な事を書いたわけですが

結論としてはこんな感じだったわけです。

  • キッチリした役に立つ記事を書く。
  • 読者さんになってもらえるブログにする。
  • あなたを信用してもらえるようになる。
  • あなたのおススメとかも信じてもらえるようになる。
  • 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

でもですよ?

 

  • キッチリした役に立つ記事を書く。

 

これってどうしたらいいんだ?

ってところで頭をひねることになると

思います。

 

ですよねぇ、こんなこと

いきなり言われても(^^;)

 

じゃあ、そもそも論として…

 

じゃあ、そもそも、何のためにブログを

書いているんだっけ?

ってところを思い出してみましょう。

 

  • 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

そうそう、これでした。

 

ここをスタート地点として考えると

いいかもしれません。

 

  1. 何かに困ってる人がサーチエンジンを使って検索をする。
  2. あなたのブログに来る。
  3. 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

という流れをご説明しましたが、

それを達成するために逆さまから考えようってわけです。

 

  1. 売るべき物がある。
  2. それを買うと問題を解決できる人に、あなたのブログに来て欲しい。
  3. そのためにキーワード選定して、サーチエンジンから人を呼ぶ。

 

こんな感じです。

 

 

売り物ありきって事?

 

そうです。実は「売り物ありき」なんです。

 

鶏が先かタマゴが先か?って話ですね。

 

考えてみれば、実際にお店を開業しようって時に

お店の場所を決め、内装も決め、看板を出してから

 

「さて?何を売ろうか?」

 

って人はいないですよね(笑)

 

うちは美味しいコーヒーを出すんだ。

って決めたら、

 

コーヒーを飲みたい人が居そうな場所に

お店を構えるでしょうし、

 

落ち着いてコーヒーを楽しめる店構えや

内装を考えるでしょう。

 

解りやすくなってきましたね。

 

でもさ!肝心な、売るものがね?

 

そう、それなんですよね(^^;)

 

じゃ、ブログアフィリエイトで売れるものって何っ?

って事になるわけです。

 

実はそれこそ「無数にある」とも言えますし

「非常に少ない」とも言えちゃう所が難しい

所なんです。

 

なので、ココはひとつ「ニーズ」ってやつを考えて

みましょうか。

 

特徴を活かすことが出来れば…

 

色んな所にいろんなニーズってあります。

 

だけど、いろんな事情があって売れなかった物が、

特徴を活かした販売方法を使うようになった途端に

バカみたいに売れたりすることがあります。

 

だから、ここはブログってものの特徴を活かした…

 

え?意味が解らない?

 

やっぱり?

仕方がない。例を挙げます(^^;)

 

ちょっと、あのその…な話です。申し訳ないっ!

 

あの、でも多分一番解りやすいと思うので、

例として挙げますね。

 

特徴を活かした…と言う意味で

インターネット通販を挙げてみましょう。

 

 

  • 通販なので、店員と顔を合わせる必要がない。
  • ネット決済が発達して、PCやスマホ上で
    決済が済む。その上スピードが速い。
  • 今ままでの通販と違って
    カタログを取り寄せる必要がない。
  • 宅配システムが進んで、届くまでが早い。
  • お店自体が店舗を構えなくていいので
    品物自体がすごく安いし、品揃えがいい。

 

特徴はこんなところでしょうか?

 

この特徴で、今までは絶対に購入しなかった層が

バンバン購入するようになった商品ってあるんですよ。

 

解りますか?

 

女性用のえっち商品なんかが一番いい例です (*ノωノ)

 

花も恥じらう乙女でもえっちに興味はある。

 

だけど、そんなの売ってる怪しいお店になんて、

入るどころか、顔を向けるのも恥ずかしい。

 

万が一、どこかで「気になる商品」の事を知っても

恥ずかしくて、お店に入れない!

 

百万が一、お店に入れたとしても、じっくり商品を

探して店内を散策…なんてことできない!

 

もう奇跡的な確率でそれが出来たとしても、

店員さんに、用途がハッキリわかる「ソレ」を

渡してお金を払ってお店から出てくる?

いかにもな怪しい包みを持って?

 

死んだ方がマシよっ!

 

てな感じだったものがですよ?

 

だ~れもいないところで、独りでネット開いて

じ~っくり商品を選んで、ポチっとする。

翌々日くらいには、なんだか解らない箱が届くだけ。

 

それは売れるようになりますわな。

 

事実、男性用の物よりも女性用の方がメチャメチャ売り上げが

伸びているんだそうです。

 

ってか、メジャーなAmazonとかでも売ってるっていう

事実がね…市場規模の拡大具合を物語っちゃってる訳でして(*ノωノ)

 

 

ほら、いらん所が長くなる(^^;)

 

てなわけで、特徴を活かした売り方がどれだけ

有効かって話でしたよね?ね?

 

じゃあ、ブログの特徴って何でしょうか?

 

最後はネット通販に辿り着くわけですから、

その手前に付加価値をつけるわけです。

 

それは何かと言いますれば。

「情報」です。

 

ネット通販のカタログページでは分からない事

売っている側の「宣伝文句」ではない情報。

 

これが手に入るからこそ、ブログを読みにきて

下さる読者さんがいるわけですね。

 

物販のブログなんかだと解りやすいでしょ?

 

とても高いけど良さそうな美容液がある。

けど、いきなり買ってしまって、それほど

でもなかったらどうしよう?

 

「誰か使ってる人いないかしら?評判を聞きたいわ?」

 

ほら、商品を実際に使ってみたレビュー記事が

 

  • キッチリした役に立つ記事

 

じゃないですか。

 

「高くて良さそうな美容液が3種類あるのよね?

どれが一番いいのかしら?」

 

ほら、ランキング記事の出番です。

 

こういう情報がブログの強みです。

 

 

じゃあ、売る物決めましょか?

 

じゃあ、情報が強みだ!

 

って事で売る物を決めます。

 

ここでも逆転の発想でいきましょう。

 

ブログの強みが情報なら、

 

  • 世間に情報が少ない物でニーズがある物

 

をブログで紹介すれば売れる!

 

どうでしょう?(´ー`)

 

 

それが、何かって話だろ!

 

はい。ドヤ顔してる場合じゃありませんね(^^;)

 

さっきの例みたいな化粧品とかでもいいわけです。

まあ、でも男性用となるとニーズがどうか?

って話になりますね。

 

さっきの「あのその…な話」で出てきた商品の

レビュー記事なんて、あんまりないでしょうけど…

男性には記事が書けない。

 

そもそもアフィリ元があるのかな?

 

…あったわ(◎_◎;)

 

【参考】
A8.net [女性向けラブグッズ通販【LoveCharms─ラブチャームス─】(10-0701)]

 

A8.net
デリケートゾーンのエクササイズ!膣トレに『LCインナーボール』【LCラブコスメ】(17-0316)

 

ああ、ビックリした。


でも、商品数が少なくて、チョットどうだろう?

真剣に探せばもっとあるかもですが…。

もし万が一、このブログを読んでいる女性がいて

興味があったらやってみてください(^^;;;;;;

 

 

思いのほか長くなりましたので…

 

今回はこの辺にしたいと思います。

もうチョットだけ書かなきゃい

けないことがあります。

 

ちょっと、あのその…の所に、

あんなに力を入れなければ一回で

まとまったのではという疑惑

はあるのですが(^^;)

 

てか、次回の例もちょっと、あのその…

な感じになりそうなんですもの(*ノωノ)

 

珍しく、次回に続く…という事に。

 

売れる商品をブログに並べて!~そしたら売れるの?No!~》に続く!

 

 

 

 

お問い合わせフォーム





プロフィール



ゾンビ管理人
狐寺ゆうた
情報商材ナビゲーター

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
★管理人お勧め商材★

「風花初芽」
(かざはなはつめ)

たった254ページのテキストで
2ヶ月後に3万円の実績!

新価格で好評発売中!

ページの先頭へ