管理人の昔話。~ストレスから来た狭心症~

目安時間:約 14分

  

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

 

こんにちは。管理人です(^^;)

これ以外の書き出しはないものか?

 

今回は突然なんですが、管理人が以前「狭心症」を

起こした時の話を書いてみようと思います。

 

なんで?って思うと思いますが。

 

この頃の管理人。

自分も重度のうつを患っているにもかかわらず、

母親が末期ガンになってしまい、しかもそのせいで

認知状態に陥り、要介護状態になるという。

 

病人が、重病人の介護をするという、

結構、右を向いても左を向いても崖っぷちと言う

すごい状態でした。

 

プロフィールはコチラクリック

 

そんなときに書いた文章が出てきたので、

これはこれで今読むと、管理人がどんな道を

通ってきた人間なのか解っていただけるのかなと(^^;)

 

今から4年前のお話です。

それでは、始まり始まり…。(ちょっと文章を直してます。)

 

狭心症をおこしてしまった(2013-07-16)

 

表題にも書きましたが狭心症を起こしてしまいました。

 

 

さて、その時の状況でも…。

母親を病院に連れて行って…うちの母親すごいんです。

脳外科、外科、整形外科、耳鼻科、皮膚科…

この病院の中でいくつの科にかかっているか、パッと思い出せないくらいなんです。

 

で、その日もいくつかの科を回り、耳鼻科で呼ばれて母を立たせようとしたその瞬間

口から手を突っ込まれて心臓を搾り上げられるような激痛がやってきました。

 

「死ぬかと思った。」って言葉はこういう時に使うんですね。

今までで一番リアリティがあったかな(-"-) 

 

この後、一瞬のブラックアウト(この時に倒れたみたいです。母を巻き込まなくてよかった)…。

痛みで歯も目も食いしばる?ような状態だったけど耳は不思議と良く聞こえました。

 

その中で一番よく覚えているのは耳鼻科のお姉さんの

 

「ねぇ!エマージェンシーコールって何番だっけ?」

 

ねぇ、そりゃまずくないすか?(^^;)

 

都合の良いことに私が倒れた耳鼻科の正面は循環器内科(笑)

で、急展開で始まるTVドラマのような緊迫感!

 

「バイタルとって!」「〇〇さん聞こえますか!?」

「△△をxxミリ打って!」「◇◇先生を呼んで!」

「〇〇さん!どこがどんなふうに痛みますか!?」

「ストレッチャーに移すよ、はい、そっち持って!」

「〇〇さんベッドに乗せますからね、動かしますよ!身体を真っ直ぐにできますか!?」

 

…とまぁ、多分こんなような事をこの3倍くらいいっぺんに会話してました。

 

で、何分くらい経ったのでしょうか?

わたし自身は何をされたのかよく解らないうちに

CT検査の台に寝かされていて、

痛みも大分引いていました。

で、聞こえてきたのは

 

「あ~、心筋梗塞とか大動脈解離じゃないね。今すぐは死なないよ。」

 

という医師と技師と看護師しか聞いていないだろうと油断しきった会話(笑) 

すぐに白衣の天使がそばに来て

 

「〇〇さん。大丈夫ですよ。今すぐ命に関わる状態ではありませんからね~。

原因はこれから色んな検査して調べますからね~。大丈夫ですよ~。ニコッ」 

 

あ~、そのニコッだけで死んでもいいわぁ…

とか白衣の天使萌えを発動している場合でもなさそうなので、

「ありがとうございます。」と答えおとなしくしていると、

ストレッチャーでICU(集中治療室)へ。

 

 

ICU(集中治療室)にて

 

ICUでは美人看護師さん4人でのお出迎え。

そう、なんでか解らないけどメッチャ美人ばかり4人。

心臓痛くて倒れてんのにドキドキさせてトドメでも刺す気ですか?

というくらいのキレイどころ選りすぐり四人衆だったんです。

 

でも第一声が…「〇〇さん、命に別状なくて良かったですね~。

じゃあ、お洋服着ちゃいましょうか?」 

へ?お洋服? 

 

そうです、倒れて意識がはっきりしない間に心電図やCTをとるのに

パンツ一丁にされてたんです僕。

 

向こうは慣れているのかもしれませんが、こっちは妙齢の女性4人の前で

パンツ一丁になったことなんてありません。

 

しかも点滴やらバイタルモニターやらにつながれていて身動きできないままです。

恥ずかしがる間もなく「えいやっ!」と入院着を着せられました…

途中ずり下がったパンツまで上げてくださいましたよ(啜泣)

 

おっさんもこの歳になると恥ずかしい事って少なくなってくるんですが、

すごく恥ずかしかった。

 

 

謎の美人看護師4人衆

 

さて、白衣の美人天使4人にパンツ一丁を晒されてしまった僕ですが、

まあ、すぐには死なないという事が解り、

入院着も着せてもらうと、いくらか余裕が出てきました。 

 

ほどなく美人天使4人衆の一人がもう一人と一緒にわたしのそばに来て

 

「もう少ししたら先生が来て、この後の検査の事とかお話してくれますから、

もう少し待っていてくださいね。今、どこか痛い所とかありますか?」とこちらを見つめる。

 

もう一人の美人天使もわたしを見つめる。

 

あれ?僕この二人知っている。
絶対に知ってる。いや、知ってるなんてもんじゃない、

どっかで「お話したことがある」とかだぞ、いやいや二人じゃない。四人全員知ってる。


あれ?手を握った事なかったか?


待て待て待て。
「以前どこかでお会いしませんでしたか?」
いつの時代のナンパですか?
 

 

困った顔のわたしを見て「大丈夫ですか?」と天使二人。 

あわてて「大分落ち着きました。大丈夫です。」とごまかす。 

 

「どんな小さなことでも呼んでくださいね。にこっ。」

 

と去って行く天使二人…いや、気のせいじゃなくてどっかで会ってるよなぁ? 

 

痛みが無くなっただけで、もう心臓より白衣の天使の方が

気になって仕方がなくなっていたのでした。

 

ってか、手を握ったことがあるような気がする相手が

思い出せないってどういう状態だ?

 

 

謎は解けた!

1時間も経ったのでしょうか?

 

耳鼻科にほったらかしてきた母親が「先生の説明をご家族の方もご一緒に。」

(本来わたしがその役割で病院に来ていたわけなんですが。)てなわけでICUに入ってきました。

 

その途端ICUにいた沢山の看護師さん達(美人天使4人衆含む)がみんなで

「あっ!〇〇さん!お元気になられて!」(わたしの母親ですから同じ〇〇さんなわけです。)

「〇〇さんお久しぶりです。その後いかがですか~?」

「〇〇さん、ああ、歩き方もしっかりなさって!良かったですねぇ!」 

 

 

ああ、そうか、知ってるわけだよ(-"-)

 

よくよく考えてみれば、

ここ(ICU)は母親が2度の大手術の後に入っていた場所で、

一時は命も危ないと言われていて、

皆さんのおかげで命を助けてもらった場所じゃないか。 

 

美人天使4人衆の一番若い娘は、母親がICUを出る(命の危険が無くなった)時に

「息子さん良かったですねぇ。」って

涙を流しながら握手してくれた看護師さんだよ(-"-) 

 

人間、同じICUでも歩いて入るか、担ぎ込まれるかの違いで同じ場所だって

認識するのに時間がかかるんですねぇ…(^^;)

 

 

で、なんだったの?

 

さてさて、肝心の先生のお話。

胸を押さえて倒れるのは大きく分けて3つ。

心筋梗塞と大動脈解離と狭心症。

 

心筋梗塞ならこんなに簡単に復活するわけないので、これは無し。

CTで見たところどこの血管も破れている様子はないので大動脈解離も無し。

で、心電図をとったところ波形は綺麗だしそもそも低血圧なので普通の狭心症も無し。

 

疑わしいのは突然冠動脈が痙攣して細くなり

心臓に血液を送らなくなる冠攣縮性狭心症だろうということ。

 

で、これを特定するには心臓カテーテル検査というのが必要で、

手首から心臓まで管を差し込んで冠動脈に造影剤を送り込み、

心臓の動きを動画撮影するというもの。

 

しかも、その時に「普通の人は大丈夫だけど、病気の人は痙攣をおこす刺激」

を与えて発作が起きるかどうかを撮影しようという事らしい。

 

で、時間を待って連れて行かれたのは…すごく大仰な部屋に

6~7人の白衣の人たちがウロウロする空間。

 

昭和の仮面ライダーを見たことがある方は

「少し広めで明るいショッカーの改造人間手術室」を

イメージしていただければバッチリかと(^^;) 

 

この部屋で覚えているのは手首からカテーテルを通すのが

メチャメチャ痛かった(今でも手首から肘位まで腕の中が痛い)こと、

 

「痙攣をおこす刺激」(たぶん薬)を与えても反応が出なかったので、

追加をしたとたんに反応が出てすごく大きな反応(つまり痙攣)が出てしまい、

それを収集するためのニトロが効くまでが大変だったこと(つまりすごく苦しかったんですよう!)、

 

でもってやっぱり耳は良く聞こえてて

 

「あ~、出た出た。(冠攣縮性に)間違いないわ。ニトロ打って~。あれ?もうxミリ打って~。

流れた?流れたかな~?よし。間違いなしってことで。」

 

…(^^;)先生、意外に患者に聞こえてますって。

 

ということで、「冠攣縮性(かんれんしゅくせい)狭心症」と病名が確定して、めでたく入院と相成りました。

 

ところで、どうでもよいのですが、「心が狭い」と書いて狭心症という

病名なんとかなりませんかね(^^;) 

 

確かにあんまり懐の広い寛大な精神の持ち主じゃないんですが、

お医者様にカルテに書かれるとなんかすごく…ねぇ。

 

 

と、まあ、こんな話でした。

 

とまあ、4年前のお話でしたが、

…今は心臓は何ともありません。

 

結局なんだったのかと言えば…

 

耐えがたいほどのストレス

 

が原因だったわけです。

まあ、色んな要因があったわけですが、

全部のストレスが、管理人にのしかかってきてしまって

いました。

 

 

循環器内科の前で倒れたからよかったんですけどね。

そうでなければどうなっていたか解りません。

…例えば車の運転中とかだったら!

 

みなさん…ストレスって侮ってると

こんな目に合うんですよ。

細かい積み重ねが、体の不調になって…

命に関わる事柄になってあなたを襲います。

 

そうなる前に…。

 

抜け出してしまいましょうね。

自由に…なりましょう!

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​より ~その会社辞めてもいいんですよ?~

目安時間:約 10分

ポチっとお願いします。泣いて喜びます。

 

こんにちは。管理人です。

 

 

 

先日 汐街コナさんの著書より

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

という記事を書かせていただきました。

 

管理人もかなり危ない目にあった

経験があったのですが、喉元過ぎればなんとやらです。

 

すっかりそのころの気持ちを忘れていたので

慌てて記事を書きました。

 

まあ、おかげで酷い有様の記事なんですが、

自分の中でもう一度整理がつきましたので

改めて記事を書きたいと思います。

 

あなたは「会社」を辞められない

 

あなた、知らないうちに

会社を辞められない体質になっていませんか?

 

 

あなたが「会社」から「脱獄」出来ない理由は

「経済的」理由であり、それさえクリアすれば、

あなたには「自由」が待っている。

 

そう思っていました。

 

ところが、ここで、いくら「こうすれば儲かる」と書いても

あなたはそれを実行しようとしない。

 

理由が理解できませんでした。

 

でも、ここにきて、やっと判りました。

「経済的理由」以上の硬く破れない檻があると。

あなたの眼の前に立ちふさがっていると。

 

 

 

あなたが会社を辞められない本当の理由

 

確かに経済的理由は大きいでしょう。

定期的収入が無くなるのは不安です。

 

でもあなたが毎日が大変で、

 

・生きるために働いているんだか

・働くために生きているんだか

 

解らなくなって、自分の人生が楽しくない。

 

だから、こんなブログを読んでいる。

 

 

それなのに、何も始められない。

会社を辞めるアクションが出来ない。

 

その理由とは何か?一番高くて硬い檻の正体は何か?

 

「学習性無気力感」

 

というものなのです。

 

なにそれ?

 

一応Wikiから引用した定義を載せますが

 

面倒なら読まなくていいです。

 

学習性無力感(がくしゅうせいむりょくかん、英: Learned helplessness[1])とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。他の訳語に学習性絶望感[2]、獲得された無力感[3]、学習性無気力[4]がある。
なぜ罰されるのか分からない(つまり非随伴的な)刺激が与えられる環境によって、「何をやっても無駄だ」という認知を形成した場合に、学習に基づく無力感が生じ、それはうつ病に類似した症状を呈する[5]。1967年にマーティン・セリグマンらのオペラント条件づけによる動物実験での観察に基づいて提唱され[5]、1980年代にはうつ病の無力感モデルを形成した[6]。

 

つまり、あなたは

 

長期の監獄(会社)生活で、脱獄する気力すら奪われてしまった。

 

って事です。

 

いや、下手をすれば、会社に入る前から…子供の頃から社会に

押し付けられた価値観が、あなたから気力と判断力を奪っている。

 

あなたが檻から出ることはいけないことだ。

 

とあなたの深層意識に刷り込みをされてしまっているのかも

しれません。

 

 

だとしたら、厄介だ…

 

だとしたら、コレ結構大変です。

 

 

今、あなたは監獄の中のテレビで「プリズンブレイク」を

観て、それを楽しみ、一歩も外へ出ようとしていない。

みたいな状態なんです。

 

 

それこそ、「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

の冒頭にあったように。

 

管理人の人生を変えてしまった出来事

のように。

 

「生き死に」がかかった事件があって、

そこから生きて帰ってこないと

あなたは本気で檻から出ようとしない。

 

って事になります。

そこで死んじゃってたら

もう、何の意味もないし。

 

 

すごく大きな矛盾

 

もしかすると、あなたも端から見るとこんな風に見えてるかもしれませんよ?

 

そう、何が矛盾かって?

難しいんですけどね。

 

もし、あなたが、まだ元気で頑張れてるなら、

まだまだ「本気で脱獄しなきゃなぁ…って気がおきない」んです。

 

でも、あなたが、疲れ果てて過労死寸前で、気力もなくなっているなら

それこそ「脱獄しなきゃいけないって判断力がなくなってる」わけです。

 

じゃあ、あなたは一体どこの時点で気付けばいいんでしょう?

 

その、会社辞めてもいいって事に!

 

 

じゃあ、どうなったら「辞めてもいい」って思えるんだろう?

 

  • 経済的不安が無くて…イヤイヤ
  • それ以上に周りに文句を言わせないだけの
    収入じゃなきゃダメで
  • それが「継続的である」って保証があって。
  • etc…etc…etc.

 

…ダメです。

 

それは

 

  • いつ、
  • どこで、
  • だれが、

 

実現するんですか?

 

 

そんな事を言ってるうちに、

 

あなたの給料は物価の値上がりに置いて行かれ。

 

逆三角形になり切ってしまった、戦後日本の

失敗「福祉」のツケを一身に背負わされ。

 

あなたの労働はどんどん大変になる。

 

反対に会社にいても働きたくても、

お金になる仕事はさせてもらえなくなり…

 

「副業OK」とか無責任な言葉と引き換えに

あなたへの責任を放棄され。

 

あなたは「監獄」の中で飢え死にするんです。

このままだと「獄中死」しちゃうんです。

 

 

「会社」辞めましょう!「監獄」脱獄しましょう!

 

もし、あなたが少しでも今の仕事が辛いなら。

余力が少しでもあるうちに「先手」を打ちましょう!

 

もし、もうヘトヘトで、夜もロクロク眠れない。

食欲もなくて、朝、会社に向かおうとすると具合が悪くなる。

楽しい事なんて何にもない。

 

こんな風になっているなら、仕事なんて放りだして

「医者に行く!」って宣言して休みましょう。

そして「判断力」を取り戻しましょう。

 

そして、取り返しのつかないことになる前に。

脱獄して、自由を手に入れましょう。

 

管理人は全力でお手伝いします。

管理人が実力不足だと感じるならば、

すごいアフィリエイターさんを

紹介したってかまいません。

 

「あなたを絶対に金持ちにする。」

 

この約束はできません。

なぜなら、そこだけは

「あなたのやる気」がモノを言うから。

 

だけど、すくなくとも、詐欺からは絶対に

守ってみせます。

 

どんな、ささいな事でも構いません。

問い合わせフォームからメールをください。

 

アフィリエイトの事じゃなくてもいいです。

「仕事が辛くて仕方ないんです…」でも

「うちの会社ブラックで、残業代もらえないんです。」でも

 

管理人の持てる知識内で、解決できることは解決し。

手に余るものは然るべきところをご紹介します。

 

あなたには獄中死して欲しくないし、

ゾンビにもなって欲しくありません。

これが管理人の願いです。

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

目安時間:約 14分

ポチっとお願いします。

死なない程度に喜びます!

 

 

 

管理人です。こんにちは。

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

 

が話題ですね。

 

管理人、ここで流行物の話するつもりは、全くないんですけど。

ちょっとコレは話が別。

 

なんで今回に限って、こんなにアワアワしながら

記事を書いてるのか?

 

今回は儲けるとかなんとかの話は抜き!

あなたが

 

「いつまで、生きてこの世にいられるか?」

 

にまで関係するかもしれないからです。

 

 

今すぐ読んで!あなたの未来かもしれないから!

 

ニュースなり、ネットなり、なんなりで

聞いたことくらいはあると思うんです。

 

Amazonで、kindle版も出てますから、

スマホでもでも読めます。

 

今日の帰りにBOOKOFFに行って貰えれば

中古も出てると思うし。

 

それこそ本屋に行けば平積みになってるから

 

お願いだから読んでくださいっ!

 

ソコに書かれてるのは、

 

あなたの未来かもしれないんです。

 

 

なぜ、管理人は「会社」を「監獄」と呼ぶか。

 

管理人は会社を「監獄」と呼びます。

 

なんでかって言うと「(普通)自力で出て来れないから。」

 

「え、辞めたらええやん。普通に辞表出したら出て来れるやん。」

って思うでしょ?

 

じゃ、明日の帰りに会社辞めて来てください。

 

ほら、出来ない(^^;)

 

いや、責任が。

いや、世話になった人への義理が。

いや、生活費が。

いや、世間体が。

 

それが、「会社」って「監獄」の第一の「檻」なんです。

 

そう簡単に出れないようになってんですよ!

 

 

もっと出られない人たち。

 

まあ、でも世の中「転職」「脱サラ」する人はいます。

上の「いや、〇〇が。」をクリアして、

次のステップへって方達ですね。

 

だけど、そんな事も出来なくなるんですよ。

「監獄」の中では。

 

多分、

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

 

の著者  汐街コナさん もそうだったでしょう。

管理人もそうでした。

 

毎日毎日「死ぬほど働いて」

その内に「正常な思考能力」が奪われてしまいます。

 

それが「最大の檻」です。

これにハマると「出る・出ない」じゃなくて

「生きる・死ぬ」の話にいつの間にかなってて、

 

そしてある瞬間「死ぬほど」が比喩じゃなくなるんです。

 

汐街コナさん  も管理人も幸せです。

えー?と思われるかもしれません。

 

ですが、なにより「死ななかった。」

これが幸せ以外の何でしょう?

 

奪われる「正常な思考」

 

よく調べた事もありませんでしたが、

厚生労働省が定めた、労働災害である「過労死」と

認定される労働時間の目安って、残業が80時間/月なんですね。

 

あなたはどのくらいです?月の残業時間?

 

さあ、「正常な思考が奪われていく様」って

ヤツを見てみましょう

 

管理人がゾンビになる直前は、勤務表の上では

09:00~22:00勤務 でしたから 1日4時間ですか。

それを周6日でしたから、88時間/月ですね。

 

大したことありません。

 

ただ、コレは管理人が「家に帰るゾ」と決めた場合の

働き方です。

 

プロフィールを読んでいただくと解るんですが、

管理人は、親会社のエライさんの嫌がらせで、通勤時間が

2時間30分のお客様先に出向していました。

 

ですので、往復の通勤時間は1日5時間。

普通の方がぎゅうぎゅう電車にもまれている時間が1時間として…

「1時間は普通」ってことで、通勤時間から引きましょうか。

4時間。この時間は管理人の自由にならないんです。

 

まあ仕事をしているわけじゃないですから、

もう1時間減らしましょうか。

3時間。

 

実質、1日残業4時間+3時間の自由にならない時間。

168時間/月 です。

香ばしくなってきましたね(^^;)

 

で、そもそもが「終電が無くなるから帰る」だけであって

仕事は山積みのままで、終わってないんですよね~。

 

でも、ありがたくも、そのお客先様は、

ちゃ~んとしたベッドの仮眠室にシャワー完備。

社内の自販機でも、近くのコンビニでも、

朝食・夜食全然OK

 

コレ、わざわざ帰るメリットあります?

帰らなければ1日5時間も浮くんですよ?

(↑ホラ段々おかしくなってる。)

 

3時間を本当に仕事に割り当てたうえに

2時間も余計に眠れるんですから!

 

着替えを取りに1週間に1度帰れば

十分じゃね?帰るとかなくね?

 

ちなみに、結婚してます。

子供が小さくて可愛い盛りです。

(↑こんなの見えなくなってます。)

 

2時間余計に眠りたいがために

思考がおかしくなってるんです。

 

でも、結局仕事は終わりませんから。

2時間余計に眠ることは叶わず。

 

通勤時間に充てていた 5時間が

ダイレクトに残業に加わります。

 

ってなると思うでしょ?(^^;)

 

これが、終電を気にしなくていい。

移動時間を気にしなくていいとなると

 

今までは何があっても22:00には

終了していた仕事をですね。

 

明け方までやってしまうんですね~

で、シャワー浴びて4時間くらい寝て

09:00から仕事っ!と

 

残業時間は200時間/月を越えていきます。

「いや~通勤ないって楽だな~」とか

言っちゃう訳ですね。

仕事もはかどって万々歳です。

(↑大分イカした感じでしょ?)

 

 

 

昼休みは「カップ焼きそば」です。

Onlyです。

1ヶ月以上連続記録を持ってます。

 

「ソレ作る、食べる、以上昼休みでした。」

で、仕事に戻ります。

 

何でカップ麺ばかり?

しかもなぜ焼きそばなのか?って?

 

答えは簡単、昼ご飯を買いに行ったり、

どこかに食べに行くと、その時間仕事が

出来ないですよね?

 

カップ麺なら箱で買ってきて

ロッカールームの端っこに置いとけば

いいんです。

しかもまとめ買いすると安いし(笑)

 

え?焼きそば?

ああ、汁のあるラーメン食べるとお腹が

膨れて、午後眠くなって仕事に

ならないからです。

 

ちなみに脳が糖分を欲しがって仕方ないので

常にデスクにコーラが常駐してます。

 

でも、炭酸で胃が膨れると眠くなるので、

最初に振って、炭酸を抜きます。

 

炭酸を抜いちゃえばぬるくても、

吹きこぼれたりしないですし、最初から

そういう味だと思えばマズくない。

(↑大分イカた感じになってきました。)

 

カップ焼きそばと一緒にケース買いです。

 

自分より先に「他人が気づく」異常さ

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

 

にも「心のSOSに気付いてあげてくださいね」って

出てきますが。

 

管理人の場合、仕事に追われ続けていて

自分で気づくことすらできず、

部下に教えてもらいました(笑)

 

会議中に外に出ていた若手くんから

電話があって、呼び出された時の事。

 

「(管理人)さん?走って来てくれました?」

「へ?なんで?」(←全然走ってない。)

「話し方が、はぁはぁしてるから。」

「いや、走ってないよ?」

 

なんて会話があった後、会議に戻ります。

 

気になったので、会議の場でみんなに

「僕、話し方、はぁはぁしてる?」

 

全会一致で「はぁはぁしてる」でした。

みんな「どーしたんだろう?」って思ってたらしいです。

もう、その時に過呼吸を起こしていたんですね。

 

思い起こせば、手のしびれや知覚過敏も

出ていたんですが、仕事が忙しくて

意識的に無視していたように思います。

 

 

獄中死への道のり

 

さてさて、このようにして

ドンドンおかしくなっていく

管理人ですが、それを全部書いていると

1万文字あっても足りません。

 

しかし、なんでここまで書いたか。

 

万が一にも、ココのブログを読んでるあなた。

 

管理人程イカレてるってことはないにせよ、

仕事・残業、大変じゃありませんか?

 

気がつかないうちに会社という「監獄」の中では

「正常な思考」は奪われていくんです。

 

そして、行きつく先は過労死…「獄中死」です。

新入社員が「懲役40年」発言をして話題になりましたが、

甘いです。

生きて出られたらラッキーなのがこれからの会社ですよ。

 

高単価の案件は海外に持って行かれる。

「ジャパンクオリティ」の看板はメッキになって剥げかけてる。

安くて質のイイ人材が海外から流入してくる。

なんなら、働くのは人じゃなくてロボットでいい。

 

あなたの未来はどこに?

 

だから、ネットビジネス覚えて「脱獄」

しちゃおうぜ~自由になろうぜ~!

 

って管理人は言ってるわけですが、

自分が通り過ぎちゃった道だったので、

事態の深刻さを少し忘れかけてました。

 

いま、ここを読んでるあなた。

 

頼むから、

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」​ができない理由(ワケ)

 

を読んで自分が大丈夫かどうかチェックして。

 

正常な思考を奪われてる人は

正常な感覚もなくなってます。

 

 

管理人も自分の腕にナイフを

突き立てた事があります。

 

骨が見えて、そこに血管が

見えているのを冷静に切断しました。

全然痛くないんですよ。

 

これで苦しくなくなると思えば

気持ちがいいくらい。

 

なんてね、事になる前にね!

 

手を打ちましょう!

 

セルフブランディング とは?~何のためにやるの?~

目安時間:約 13分

いらっしゃいませ!ポチっとよろしく!

 

こんにちは!管理人です。

 

先の記事で、ですね…ちょっと暴論をぶちまけてしまいまして。

セルフブランディング?コピーライティング?~知った事かぁ!~

 

じゃあ、そもそも「セルフブランディング」って何なのさ。

 

って話を、管理人流でお話ししますんで。

 

Wikiにはこう書いてある

 

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、

自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

 

意味解ります?管理人解りません(^^;)

つか、ほんとにこの定義であってんのか?

って思いますよね。

 

そもそもブランディング化ってのがあってさ。

 

ちょっと待って!

字が多いからって、✖ボタン押さない!

ブラウザバックしない!

 

ざっとでいいから目を通して!

 

ブランディング: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。

ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。

また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品サービス、それらを供給する企業団体のほか、

人物建築物史跡地域祭事など、あらゆるものが該当する。

 

これはまあ、解りますよね。

なんか全然名産品の無かった街が、いきなり「カレーの街」を名乗りだしたりするのもそうだし、

トヨタが高級グレードの車にだけ”LEXUS”って名前を付けて特別扱いするのもそうだ。

 

 

でもね、チョット足りない。~ブランド力ってなんぞ?~

 

これ、多分さ、どっかの経済学者とかマーケティング理論なんちゃらの本を和訳したら

こうなったんだと思うんだけどね。

 

本来のブランド力(りょく)ってさ「他人が与えるから価値がある」

ってことを忘れてると思う。

 

 

例えば車、ポルシェがいいや。

あの会社が「ブランディング」なんてしたと思う?

やらないねぇ…。

 

水平対向エンジンをRRで配置して…っとこういう話を始めると長くなるけど、

意固地になって、速くて誰にも負けないスポーツカーを作っていたら、

「世界で指折りのスポーツカーブランド」になってたわけだ。

(まあ、途中で何度も潰れかけてるけど。)

 

 

 

他人が評価しての「ブランド力」の強さ。

 

後先が逆なの解りますか?

 

ブランドを作ろうとして、スポーツカーを作ったんじゃないんです。

スポーツカーを作ってたら、ブランド力がついてきちゃったんです。

 

車バカ…じゃなくて、車愛好家がポルシェが作った車を評価して

「スゴイ!」となった。

それが一発屋じゃなくて、どんどん進化していった。

 

「おお!ポルシェってスゲェ!」これが本物の「ブランド力」

 

自分たちが作った「ブランド力」じゃなくて、他人が評価する「ブランド力」

これが本物の「ブランド力」です。

 

それの有効性に気がついた企業なんかが逆向きに

やろうとするのがブランディングなんだよね。

 

 

他人が担保してこその「ブランド力」の強さ。

 

他にもいい例があります。

 

テレビに僕が出てきて テロップが出ます。

 

そこには「異常気象研究家 狐寺ゆうた」って書いてありました。

で、ちょっとインテリ風にコーディネイトされたスーツ着た僕が

出てきて色々語るわけですよ。

 

疑う人、まずいません。

 

昨今「マスゴミ」呼ばわりされて、信用なんて失墜しきったテレビ

ですけれど、テレビ局が他人にレッテル付けすると、それはほとんど

の場合信用されちゃいます。

 

日テレの「世界一受けたい授業」に出てくる先生の肩書を疑った事

ある人いますか?

 

天気予報に出てくる、気象予報士を疑ったことある人いますか?

って、話です。

 

なんで疑わないんでしょうね?

 

そうです。

テレビ局って「嘘をつくとみんなから怒られちゃう所」だって知ってるから。

 

そういう所が「そう言ってるんだから…」って無意識に信じているんですね。

 

 

 

【余談】

合コンで「医者です」って言うと「え~!ほんと~なの~?証拠ある~?」

って言われるのに、病院で白衣着てるとそれだけで「あの、先生」って

話しかけられる。

 

「もしかしたら、白衣が医者で、僕は医者じゃないかもしれない。」

って友達が言ってました。

これは場所と目印によるブランディングですね。

 

これが”セルフ”になると途端にさぁ…

 

テレビに僕が出てきて テロップが出ます。

 

そこには「自称 異常気象研究家 狐寺ゆうた」って書いてありました。

疑う人、続出でしょう(^^;)

 

自称、つけなくてもいいです。

 

テレビに出ないで、池袋の東口かなんかに立って、

いかに地球の環境が危ないか、科学的説明を交えて世間の人に説きましょう。

横には拡大コピーの「異常気象研究家 狐寺ゆうた」の看板です。

 

怪しいんだって(^^;)

何でもそうなんだけど、自分で言うと怪しいの!

 

 

も一回セルフブランディング

 

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、

自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。

 

どこのブログ見ても「セルフブランディングが大切です!」って書いてあるんだけどさ。

どうですか?

上の「ブランディング」と「セルフになるとさあ…」って話を読んで出来そう?

 

ブログアフィリエイトにおいて、これってどうなんです?

無理だよね。ええ、絶対に無理です。

自分の何をもってプロモーションしようってんですか?

これを先にやって、何かを始めるのって無理です。

 

それとも、販売実績を嘘で塗り固めて、

《教材を買ってもらうためにやる事 ~常套手段を考え直す~》

でやったような手段を使います?

 

それを世間では詐欺と呼ぶ気がしますけどね。

 

 

じゃあ、何のための言葉なんだろう?

 

これも想像だし、管理人風でしかないんですけど。

 

YouTuber さんとか思い出しましょう。

はじめしゃちょーさん とか ヒカキンさんとか。

 

ああ、そういう事か。

 

やっとWikiの2行の意味が解ってきたように思いますね。

 

自分をYoutubeの番組発信者というメディア化し、

自分で、キャラクターを作り、番組内容を作り、編集して音楽をつけ

売り出していく。

そう、プロモーションしてますよね。

 

まあ、多分お二方だって最初は手探りでやっていって、

いつしか「自分流ブランド」が出来たんだと思いますが。

 

逆に「個人」じゃなくなっちゃいましたけど(笑)

 

でも「○○○×××××××× はじめしゃちょー」とか

名乗ってないですよね?

 

○○○××××××××は「1ヶ月で300万円稼いだ」でも

「脱サラから2年で資産1億」でもいいんですけどね。

 

なんでアフィリエイターは「1ヶ月で300万円稼いだ」とか

ばっかりなんだ?(^^;)

 

多分アレもブランディングのうちなんだよな?

 

僕らは何か間違えてないか?

 

ブログアフィリエイトをやるのにセルフブランディングが必要です。

と言われても…

 

実績がない=ブランディングできない=アフィリエイト始められない

=実績できない=最初に戻る

 

あれ?やっぱりだめ?

 

でも、YouTuberじゃないけど、ブログで情報発信する人ではありますね。

番組じゃないけど、ブログの内容は必死で考えてる。

ある意味プロデュースしてるのか?

 

考えてみれば、ポルシェだって最初から高級スポーツカーとして売れたわけじゃ

ないだろうしな…?

 

とどのつまりは。

 

え~すみません。こっから先は完全に管理人流です。

他所で笑われたらいけないので黙っててください(笑)

 

当ブログでのセルフブランディングの意味は

 

「自分の軸をブラさないでやれ。」という意味だと結論づけます。

つまり、速い車を作ろうとしたり、いきなり乗り心地のいい車に

切り替えてみたり、はたまたトラック作ろうとしてみたりしていたら

スポーツカーブランドにはなり得ないぞと。

 

軸をブラさなければ方向がブレません。

読んでいる人も解りやすく、気に入らない人は去っていきますが、

気に入った人は長く読んでくれるでしょう。

そうすれば、あなたも、ブログも、読者さんも一緒に育ちます。

 

はじめしゃちょーだって、ブレたくないから、本筋から外れる

動画は別チャンネルにしてるでしょ?

 

そういう所を徹底しているから、あのキャラクターが確立し

セルフブランディングに成功してるんだと思います。

 

幸いにしてコメントフォームを設置したので、

異論・反論どんどん来い!って感じです。

 

さあ、どうだ?!

この結論(暴論)でどうよ?

 

 

ブログに濃いアクセスを

目安時間:約 7分

こんにちは。管理人です。

 

もう、ある程度アフィリ活動をなさってる方。

ブログを初めて間もない方。

 

間違って「アクセス増加ツール」とか

「ブログサークル」って使ってしまっていませんか?

 

※「アクセス増加ツール」「ブログサークル」両者とも固有名詞を指すものではありません。

万が一同一名の物があったとしても本記事とは無関係です。

 

使って悪いか?あ?

 

はい。あなたがベテランで、SEO対策をよく知っている

のでなければ、あなたのためになりません。

今すぐやめてください。

 

と管理人が言うと

「アクセス件数があった方がサーチエンジンから

『良いサイト』だと判断されやすいって聞いたぞ!

それがダメだってどういうことだ!」

 

ってなるでしょうね(^^;)

 

理由をお話しします。

 

あなたアクセス解析完璧ですか?

 

って聞かれたらどうしますか(^^;)

こんなん管理人だって、ぐうの音が出ません。

 

そうなんです。

「アクセス増加ツール」を使って、アクセス数の

水増しをしてしまうと、生の数字が見えなくなって

しまうのです。

 

 

 

そもそも見なければいけない数字が…

 

このブログ見ているあなたにとって、

UU(ユニークユーザー)100 /日という数字はブログ立ち上げ時

には、ある種の区切りとなりますよね?

 

成約率が0.01として、見込みとしては1日1個売れるわけです

から、成果¥1,000の商品ならば、1日¥1,000、1ヶ月¥30,000

の収入があるブログって事になりますよね?

 

でも、UU100/日なんて「アクセス増加ツール」使っちゃうと

簡単なんですよ。

それどころかUU1,000/日とか無料プランでも行っちゃう(^^;)

 

つまり「アクセス増加ツール」による数字の増加は

誤差ではなく、本気で大事な数字が見えなくなる

数字なんです。

 

特に!ブログの立ち上げ期や、これからアクセスを

伸ばすために

 

  • 記事の内容を向上する
  • サイトの構成を練る
  • SNSやメール等で仕掛けを組む

 

こういう事をする段階で「増加ツール」の数字が入って

来ると、アクセス解析した時に何の数字がどの要因で

増えたのかとても解りにくくなります。

 

要するに、こういう事が完璧にアクセス解析で

区別が出来るベテランで、緻密な戦略の上で

「ツールによるアクセス数増加」が必要なときに

使うものなんです。

 

初心者が「だってサーチエンジンが…」

とか言って浅知恵で使うと、自分で落とし穴を

掘る事になります。

 

さらに笑ってられない場合…

 

もう最初から「アクセス増加ツール」を数種類

使って、「ブログサークル」とかにも入りまくって

相互フォロー、相互訪問、SNSでの拡散しまくり。

 

SEOに強いといわれるWordPressのテンプレを

使い「サーチエンジンに圧倒的に好かれる」

ブログになったとします。

 

とある人が、困ったことがあってサーチエンジン

で検索をかけます。

「圧倒的に好かれたブログ」が出てきます。

 

その内容がぺらっぺらだったら?

いや、笑うかもしれないけど、

アクセス数至上主義のブログにありがち

なんですよ?

 

そんなの即閉じですよね?

 

見た目ばっかり綺麗で料理の不味い飲食店みたいな

物です。

 

そんな事をやっていると

 

本気で自分の足元が見えなくなります。

いつの間にか「アクセス増加ツール」の存在を忘れて

「アクセスはあるのに売れない!どうしてだ!」とか

考え出したりして。

 

そりゃそうです。

 

  • 「増加ツール」や「サークル」による「幻のアクセス」
  • SEOで増えただけの「薄いアクセス」
  • エンジンに引っかかったけど「満足しなかった人のアクセス」

しかないんですから。

 

 

大事なのは?

 

結局大事なのは顧客満足度=ブログの内容という

事になりますから、まずは「アクセス増加ツール」を

解約して、「ブログサークル」からも脱会しましょう。

 

とりあえずは、自分のブログの真の姿を知る事です。

 

そして、日々記事を書いて、アクセス解析をして、

 

  • そもそも、記事が読まれているか?
  • 想定した時間、その記事に留まってくれているか?
  • その記事からのリンク先に飛んでくれているか?

 

等を読み取って、内容の改善をしなければなりません。

 

 

そうすれば、いつか「濃いアクセス」が集まります。

(↑断言して大丈夫か管理人!)

 

実はまだ「濃いアクセス」を集める方法は

あるのですが、今回の趣旨からは大きく外れる

事になるので、別の機会にお話しします。

 

それでは、是非最後にポチっっとお願いします!

あなた売れない物売ってませんか?

目安時間:約 4分

こんにちは。管理人です。

 

なんだか、世間はペットブーム っていうか、

ワンちゃん、ネコちゃん ブーム すごいですね。

私の住んでる所からちょっと離れたところに、

日本でも有数の「金持ち地帯」があるんですが。

 

どう考えても

コイツの1ヶ月の食費 > 私の1ヶ月の食費×3

って言う感じの「お犬様」が歩いてて怖いです。

 

ところで、何かテーマがあってブログを作って、

そのテーマに沿ってアフィリエイトリンクを張ってる方。

 

例えば「ワンちゃんのブログ」にペットショップ系の

リンクが貼ってあって、ペット用品が売っている。
イイですよね。筋が通ってます。

 

でも、そうじゃない

「ブログ書いて、今、流行ってる物なんでも売っちゃえ」

的発想でブログにリンク張ってる方。

 

その商品本当に売れるものですか?

 

なんていきなり脅かしてみたんですけど、

まあ当然ある程度のリサーチはしますよね(^^;)

 

でもその作業大変じゃないですか?

また直感に頼ってしまって、結局売れなかったり。

コツを掴めるのっていつだろう?って感じ。

 

んじゃ、その大変な作業を「楽に、更に戦略的に!」やってしまおうというのが今日ご紹介する
ツール

 

【商品選定補助ツール】A-HACHI Search
物販系アフィリエイトをやっている方であれば、

多分 A8.net さんとお付き合いのない方
はいらっしゃらないだろうと思います。

 

(もし登録がまだならコチラから!)

 

 

このツールはA8さんの商品プログラムの中から

EPC50=(1クリック当たりの報酬が50円) 以上

のプログラムを自動で見つけてきてくれます。

 

商品の値段はまちまちですが、クリックされた時に

商談成立する確率が高ければ高いほど
このEPCの値は上がっていきます。

 

つまりEPCが高い商品=売れている商品という事になります。

このEPCの値を使って売れる・売れないを直感とかに頼らず、
データから割り出してしまおうというわけです。

 

つまり「売れているものだけを売る!」ってわけですね。

実はEPCの値はA8ネットさんの画面上からも確認

できるのですが、稼働プログラムが6,000近いA8.net

さんにおいて、人力でこれを全部確認するのは至難の業です(^^;)

 

ここで威力を発揮するのが

 

【商品選定補助ツール】A-HACHI Searchです。

 

商品のジャンルやキーワード・条件を入力してしまえば、

すぐに今売れている商品が目安は3~5分で50件程度

ピックアップできます。

 

あとはその商品をあなたが広告してあげればいいんです。
今まで頭をひねっていた時間が無くなりますから、

別の有効な作業に使えますね。

 

あ、ツールのお値段は¥16,800だそうです。
いかがでしょう?結構魅力的じゃありません?

 

ご興味がある方は↓↓コチラから↓↓

 

 

お問い合わせフォーム





プロフィール



ゾンビ管理人
狐寺ゆうた
情報商材ナビゲーター

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
★管理人お勧め商材★

「風花初芽」
(かざはなはつめ)

たった254ページのテキストで
2ヶ月後に3万円の実績!

新価格で好評発売中!

ページの先頭へ