ブログで売れる商品って?~鶏が先かタマゴが先か?~

目安時間:約 12分

ポチッとお願いします。(土下座)

 

 

こんにちは。管理人です。

 

今回は「ブログで売れる商品って?」

それはなんだろう?ってお話です。

 

でも、核心に触れるのがチョット先なので、

我慢してお付き合いくださいね。

 

 

先の記事で

SEO対策とキーワード選定の嘘~焼き鳥屋のうちわは大事なのか?~

 

等と大層な事を書いたわけですが

結論としてはこんな感じだったわけです。

  • キッチリした役に立つ記事を書く。
  • 読者さんになってもらえるブログにする。
  • あなたを信用してもらえるようになる。
  • あなたのおススメとかも信じてもらえるようになる。
  • 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

でもですよ?

 

  • キッチリした役に立つ記事を書く。

 

これってどうしたらいいんだ?

ってところで頭をひねることになると

思います。

 

ですよねぇ、こんなこと

いきなり言われても(^^;)

 

じゃあ、そもそも論として…

 

じゃあ、そもそも、何のためにブログを

書いているんだっけ?

ってところを思い出してみましょう。

 

  • 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

そうそう、これでした。

 

ここをスタート地点として考えると

いいかもしれません。

 

  1. 何かに困ってる人がサーチエンジンを使って検索をする。
  2. あなたのブログに来る。
  3. 商品をお買い上げいただき、ご満足いただく。

 

という流れをご説明しましたが、

それを達成するために逆さまから考えようってわけです。

 

  1. 売るべき物がある。
  2. それを買うと問題を解決できる人に、あなたのブログに来て欲しい。
  3. そのためにキーワード選定して、サーチエンジンから人を呼ぶ。

 

こんな感じです。

 

 

売り物ありきって事?

 

そうです。実は「売り物ありき」なんです。

 

鶏が先かタマゴが先か?って話ですね。

 

考えてみれば、実際にお店を開業しようって時に

お店の場所を決め、内装も決め、看板を出してから

 

「さて?何を売ろうか?」

 

って人はいないですよね(笑)

 

うちは美味しいコーヒーを出すんだ。

って決めたら、

 

コーヒーを飲みたい人が居そうな場所に

お店を構えるでしょうし、

 

落ち着いてコーヒーを楽しめる店構えや

内装を考えるでしょう。

 

解りやすくなってきましたね。

 

でもさ!肝心な、売るものがね?

 

そう、それなんですよね(^^;)

 

じゃ、ブログアフィリエイトで売れるものって何っ?

って事になるわけです。

 

実はそれこそ「無数にある」とも言えますし

「非常に少ない」とも言えちゃう所が難しい

所なんです。

 

なので、ココはひとつ「ニーズ」ってやつを考えて

みましょうか。

 

特徴を活かすことが出来れば…

 

色んな所にいろんなニーズってあります。

 

だけど、いろんな事情があって売れなかった物が、

特徴を活かした販売方法を使うようになった途端に

バカみたいに売れたりすることがあります。

 

だから、ここはブログってものの特徴を活かした…

 

え?意味が解らない?

 

やっぱり?

仕方がない。例を挙げます(^^;)

 

ちょっと、あのその…な話です。申し訳ないっ!

 

あの、でも多分一番解りやすいと思うので、

例として挙げますね。

 

特徴を活かした…と言う意味で

インターネット通販を挙げてみましょう。

 

 

  • 通販なので、店員と顔を合わせる必要がない。
  • ネット決済が発達して、PCやスマホ上で
    決済が済む。その上スピードが速い。
  • 今ままでの通販と違って
    カタログを取り寄せる必要がない。
  • 宅配システムが進んで、届くまでが早い。
  • お店自体が店舗を構えなくていいので
    品物自体がすごく安いし、品揃えがいい。

 

特徴はこんなところでしょうか?

 

この特徴で、今までは絶対に購入しなかった層が

バンバン購入するようになった商品ってあるんですよ。

 

解りますか?

 

女性用のえっち商品なんかが一番いい例です (*ノωノ)

 

花も恥じらう乙女でもえっちに興味はある。

 

だけど、そんなの売ってる怪しいお店になんて、

入るどころか、顔を向けるのも恥ずかしい。

 

万が一、どこかで「気になる商品」の事を知っても

恥ずかしくて、お店に入れない!

 

百万が一、お店に入れたとしても、じっくり商品を

探して店内を散策…なんてことできない!

 

もう奇跡的な確率でそれが出来たとしても、

店員さんに、用途がハッキリわかる「ソレ」を

渡してお金を払ってお店から出てくる?

いかにもな怪しい包みを持って?

 

死んだ方がマシよっ!

 

てな感じだったものがですよ?

 

だ~れもいないところで、独りでネット開いて

じ~っくり商品を選んで、ポチっとする。

翌々日くらいには、なんだか解らない箱が届くだけ。

 

それは売れるようになりますわな。

 

事実、男性用の物よりも女性用の方がメチャメチャ売り上げが

伸びているんだそうです。

 

ってか、メジャーなAmazonとかでも売ってるっていう

事実がね…市場規模の拡大具合を物語っちゃってる訳でして(*ノωノ)

 

 

ほら、いらん所が長くなる(^^;)

 

てなわけで、特徴を活かした売り方がどれだけ

有効かって話でしたよね?ね?

 

じゃあ、ブログの特徴って何でしょうか?

 

最後はネット通販に辿り着くわけですから、

その手前に付加価値をつけるわけです。

 

それは何かと言いますれば。

「情報」です。

 

ネット通販のカタログページでは分からない事

売っている側の「宣伝文句」ではない情報。

 

これが手に入るからこそ、ブログを読みにきて

下さる読者さんがいるわけですね。

 

物販のブログなんかだと解りやすいでしょ?

 

とても高いけど良さそうな美容液がある。

けど、いきなり買ってしまって、それほど

でもなかったらどうしよう?

 

「誰か使ってる人いないかしら?評判を聞きたいわ?」

 

ほら、商品を実際に使ってみたレビュー記事が

 

  • キッチリした役に立つ記事

 

じゃないですか。

 

「高くて良さそうな美容液が3種類あるのよね?

どれが一番いいのかしら?」

 

ほら、ランキング記事の出番です。

 

こういう情報がブログの強みです。

 

 

じゃあ、売る物決めましょか?

 

じゃあ、情報が強みだ!

 

って事で売る物を決めます。

 

ここでも逆転の発想でいきましょう。

 

ブログの強みが情報なら、

 

  • 世間に情報が少ない物でニーズがある物

 

をブログで紹介すれば売れる!

 

どうでしょう?(´ー`)

 

 

それが、何かって話だろ!

 

はい。ドヤ顔してる場合じゃありませんね(^^;)

 

さっきの例みたいな化粧品とかでもいいわけです。

まあ、でも男性用となるとニーズがどうか?

って話になりますね。

 

さっきの「あのその…な話」で出てきた商品の

レビュー記事なんて、あんまりないでしょうけど…

男性には記事が書けない。

 

そもそもアフィリ元があるのかな?

 

…あったわ(◎_◎;)

 

【参考】
A8.net [女性向けラブグッズ通販【LoveCharms─ラブチャームス─】(10-0701)]

 

A8.net
デリケートゾーンのエクササイズ!膣トレに『LCインナーボール』【LCラブコスメ】(17-0316)

 

ああ、ビックリした。


でも、商品数が少なくて、チョットどうだろう?

真剣に探せばもっとあるかもですが…。

もし万が一、このブログを読んでいる女性がいて

興味があったらやってみてください(^^;;;;;;

 

 

思いのほか長くなりましたので…

 

今回はこの辺にしたいと思います。

もうチョットだけ書かなきゃい

けないことがあります。

 

ちょっと、あのその…の所に、

あんなに力を入れなければ一回で

まとまったのではという疑惑

はあるのですが(^^;)

 

てか、次回の例もちょっと、あのその…

な感じになりそうなんですもの(*ノωノ)

 

珍しく、次回に続く…という事に。

 

売れる商品をブログに並べて!~そしたら売れるの?No!~》に続く!

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. トシカズ より:

    おはようございます。トシカズです。
    朝からとても勉強になりました!(笑)
    いつも面白く、また、為になる記事を有難うございます。
    女の人は、かなりネットで買い物をするのですね(笑)
    応援していきますね。

  2. せきちゅん より:

    例がすごく分かりやすくて、勉強になりましたありがとうございます!!!

    応援して帰ります!!!

    • せきちゅん さん

      ご訪問ありがとうございます。

      そうですか(^^;)
      勉強になったと言ってもらえると
      とても嬉しいです。

      また、遊びに来てくださいね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ