教材でちゃんと稼ぐ方法

目安時間:約 7分

こんにちは。管理人です。

 

突然ですが。

「教材は買った」→「ほったらかし」

のパターンのあなた。

 

これ、そのままにしておくと

一生成果が出ないままか、

「恐怖ノウハウコレクター」化

しますねぇ。

 

僕もやった事ありますが。

 

ああ、恐ろしい(^^;)

 

今回は買った教材を有効に使う方法を!

 

って、言ったところで大した

事をする訳じゃないんですが…

 

でも、何はともあれ、あなたが

その教材を「ほったらかし」に

した理由があるはずです。

 

そこから探ってみましょう。

 

ほったらかした理由

 

  • 難しくて最後までやれなかった。
  • 面倒で途中までで実践をやめた。
  • やったはずなのに成果が上がらなくてやめた。
  • なんだか信じられなくて途中でやめた。

 

後は何がありますか…?

 

まあ、今回のは「インチキ商材」じゃない。

というのが前提で話が進んでいますが。

 

「インチキ」を掴まされてしまった人は

勉強代だと思うしかない…のかな?(^^;)

 

 

さあ、どうするか?①

  • 難しくて最後までやれなかった。
  • 面倒で途中までで実践をやめた。

 

これは、もう一回チャレンジです。

 

難しくても面倒でも、ググったり、

フォーラムを活用したり。(←自分から質問を投げるコレ重要)

場合によっちゃ

「(教材名)を上手く進める○週間」

なんてブログが見つかったりもするんですよ。

 

そのブログをみて、管理人さんに

質問飛ばしたりしていれば、きっと

自然に理解も深まって、1回目で

解らなかったり、面倒になってしまった

部分も乗り越えられるでしょう。

 

払った分のお金は取り戻さなければっ!(笑)

 

 

さあ、どうするか?②

 

  • やったはずなのに成果が上がらなくてやめた。

 

 

これなんですよね…。

 

「やったはず」の方。

何か自己流の解釈が入って正確に再現できていないとか…

何かやり逃していることがあるとか…

そういうチェックをテキストとにらめっこで

一度全部やり直してみてください。

 

多分「穴」が見つかります。

一度自分の頭をクリアにして「他人」になって

チェックしてください。

そうしないと「穴」は一生見つからないかも

しれません。

一言一句見落としてはいけません!

 

 

  • なんだか信じられなくて途中でやめた。

 

「信じられなくて」のあなた。

コレ解るんですよ。すっごく。

そう思う事あると思うんです。

 

テキストをダウンロードする、目を通す…。

「はあ?なにこれ?当たり前の事しか

書いてないんですけど?」とかね。

 

「はは!そんな馬鹿な!」とかね。

 

「無理無理、出来たら苦労しないって」とかね。

 

でもね、ごめんなさい、言っちゃいます。

そう言って筆者を馬鹿にしてはいるけど

あなたは成果上がってない人ですよね?

相手は成果を上げて、教材まで作って

多人数相手に成果を上げさせてる人です(^^;)

 

 

一度バカになって信じてみよう。

 

やっぱり、どっかで「自分では無理」って思ってたり。

 

失敗した時の自分への言い訳を無意識に作っていたり。

 

してるのかもしれません。

 

だって、ネットビジネスなんてもの怖いですもの。

 

でも、最初から失敗のための防壁を作って、

相手(教材)を信用しなければ、成功は遠のきます。

 

だから。

 

バカになって。

 

今までやってきた事で積み上げたプライドなんか捨てて

 

書いてあることをやってみましょう。

 

それが「出来たら苦労しない」なら、

「苦労して」してやりましょう。

 

解らなければ、聞きましょう、調べましょう。

誰に?その人脈を作る苦労も金稼ぎの内っ!

フォーラムでもブログでも回って来ましょう!

 

  • 上手くいかなかったら、テキストと何か違う事をやってないかチェック!
  • 自己流の解釈をしていないかチェック!
  • 違う解釈ができないかどうかチェック!
  • 手が抜けている所がないかチェック!
  • 自分のせいで再現できていないところがないかチェック!

 

 

そういう事全部やりつくしてから…

ダメだったら「テキスト」を思い切り疑ってやりましょう。

 

でも、多分そこまでやる間に成果が上がってくるはずです。

 

というわけで、今回は買った教材を無駄にしない方法。

且つ、これ以上ノウハウコレクターを増やさない方法でした(^^;)

 

まだ、教材を手にしたことがないあなたも、今これを読んでおけば

その教材を絶対無駄にしなくて済みます。

 

是非、この記事を覚えておいてくださいね。

 

 

で、せっかくここまで読んでくださったので、

ついでにポチっっとお願いします!

ネットビジネスでは「儲からない」という事実。~「儲かる」と「稼ぐ」の違い~

目安時間:約 11分

 

おはようございます。管理人です。

…マンネリ。出だしがね。

どうしようもなくてね(^^;)

 

 

と、今回はタイトルがアレなんですが。

ネットビジネスでは「儲からない」よ。

とそういうお話です。

 

 

今まで散々「ネットビジネスで自由になろう。」

とか言ってきてなんだよ!ふざけんな!

 

まずは月に10万円ネットビジネスで稼いで…

というのがこのブログの趣旨なんじゃなかったのかと。

 

はい、そうなりますよね(^^;)

 

でも、チョット待とう

 

「お金が手元に入ってこない。」と言いたいわけではないんです。

 

「稼げます」けど「儲かり」ませんよ。

 

といいたい。

 

このままだと、まだ誤解を招きますね。

これだと、自分が豊かになる事がないみたいに

聞こえちゃいますもんね。

 

安心してください。

そういう事でもありませんから。

 

そもそも辞書を引いてみると

 

【儲ける】

 金銭上の利益を得る。また、思いがけない得をする。

 

【稼ぐ】

 生計を立てるために、一生懸命に働く。

 

               出典:デジタル大辞泉

 

という違いがあるんですが、最近の風潮を見ていると【儲かる】の

方の「思いがけない得をする」の部分にプラスされて「楽をして」

とかそういう意味合いが強いように思います。

 

そして、みなさん、そちらの方が好きなんですよね…(^^;)

 

だから、詐欺商材などに引っかかる人が後を絶えないのかと…。

そういう風にも思えて仕方ないのですが。

 

競馬などのギャンブルで【儲けた】人はいますけど【稼いでる】人は…?

僕はいないと思ってます。

 

 

今度は言葉遊びかぁ!(ノ`△´)ノ

 

申し訳ない。

もうちょっとお付き合いくださいね(^^;)

最後まで読んでいただければ、ご納得いただけます。

 

とどのつまりが、あなたは最終的に、

 

「どういう事をすれば一番、お金が手元に入ってくるか。」

 

…コレが聞きたいわけですよね?

 

図星ですか?(笑)

管理人もこういう話し大好きです(^^)

 

簡単なんですよ。

 

相手に「喜んでもらえる何か」を提供して「お金をもらう。」

 

この 「行って」ヾ( ´ー`)   →  「来い」(ノ*'‐')ノ

 

をちゃんと成立させていればいいんです。

 

これを無視した 「来い」だけだと、ネットはおろかリアルでもビジネスは成立しません。

人通りの少ない路地にボロボロの建物で、無愛想なマスターが不味くて高いコーヒー淹れる

お店にお客が入らないのと同じ道理です。

 

このコーヒーショップにあなたは行きたいと思いますか?

行かないですよね?

だって、行っても「喜べる何か」が1つもないですもの。

 

 

耳タコだけど実践できないWin-Win

そう、上に出てきた店に行くくらいだったら、駅近のスタバに言った方が全然いい訳です。

 

え?スタバ高い?

たかがコーヒーで何であんな値段になるかって?

 

あ、それは他のコーヒーショップよりも「喜べる何か」が大きいんです。

あのチェーン店(^^;)

 

  • 店舗の作りがオシャレ
  • メニュー(ラインナップ)もオシャレ
  • マックブックとか開いてるとデキるヤツに見える
  • だからいい気分になれる。

 

って言う「商品の値段分の満足」に加えて「付加価値」をつけてくるんですね。

 

よくWin-Winの法則って言いますね。

まあ、商品の売り買いだと、売る側と買う側。

どっちも満足。

 

これでWin-Win成立です…と言いたいんですが。

これじゃダメなんです。

スタバもよく見るとそうじゃないから、あんなに流行ってるわけです。

 

コーヒーを提供して、それに見合った金額をいただく。

それがWin-Winではない。

 

コーヒーを提供して、それに見合った金額+付加価値としての満足をしていただく。

そこまでできてWin-Win(^^;)

若干売る側が損してるように見えるかもしれないけどチョット違う。

 

それは スタバのオシャレ感だったり McDonald'sのスマイル0円だったり、

金銭的なやり取りではない部分で生むことができる満足でいいわけで。

そういうこまかなところで、相手をWinに連れて行く。

 

 

ほら、やっぱり「儲ける」って違くない?

 

こうやって考えてくると、やっぱりネットビジネスで「儲ける」って

言葉の使い方に違和感を覚えるのです。

思いがけなく得をするわけないですよね。

 

積み重ねですもの(^^;)

一発で終わっちゃ困りますよね。

 

さて、今回はチョットした言葉の使い方から、

ビジネスの本質に迫ってみました。

 

そういう小さな積み重ねが、商売の上でのWin-Winを成功させる

=リピーターを増やす。=ひいては自分の収入があがる。

という結果に辿り着くのではないかと思うわけです。

 

「儲ける」のではなく「稼ぐ」

一時だけ「棚からぼたもち」みたいな儲け方をしても

後が続かないのでは、全然仕方ない。

 

誰でも知ってる事ですが、みんな忘れてる事です。

あなたもチョット思い出してみませんか?

 

「稼ぐ」ためのヒントはコチラから←クリック

 

 

【閑話休題】どうでも…良くないっ!(T_T)

 

実はこう見えて、管理人すごく短気です。

家系からして短気です。

 

祖父は成人した父とケンカして、真剣で父を追い回したという武勇伝?を残してます。

追われた父も「瞬間湯沸かし器」の異名を持っていました。

管理人も「ああはなるまい…」と子供心に思っていたのですが…。

 

血は争えなかった(T_T)

この「短気」ってヤツ、ビジネスにもWin-Winにも、非っ常~に邪魔な属性でして(T_T)

 

先日、ネットフリマに新品のデジカメを6万円で出品していたんです。

 

そうしたらお問い合わせが来まして。

「すっごく欲しいです。5万円に値下げしてください。即決します。」って。

まあ、挨拶もなければ…用件だけのストレートな文章だし…。

内容が内容なうえ、何様的立ち位置がねぇ?

 

それを見た瞬間、管理人、むかっ(-"-)

6億円を5億円なら、あり得ない話じゃないかもしれないけれども。

パーセンテージ的に6万円は5万円にならないでしょうよと。

 

で返した返答が、

「お問い合わせありがとうございます。大変恐縮ではございますが、ご期待にはお答えいたしかねます。申し訳ございません。」

だったんですね。

 

当然、その件は流れたわけなんですが…。

その後、もう押し入れの隅に入ってアメノウズメさまでも踊ってくれなきゃ

出て来なくなるくらいの落ち込みモード。

 

な~んで、また、短気のまま返答を書いちゃったかなと(T_T)

落ち着いて、あと2時間してから書けば、

 

「お問い合わせありがとうございます。大変恐縮ではございますが、こちらのお品物は新品未開封で、メーカー保証が1年付くうえに

オマケまで付いた大変お得なセットになっております。当方といたしましても、ギリギリのお値段を付けさせていただいております。

このお値段で再検討いただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。」

 

って書けたよなぁ…って。

最初の返事はぶっきらぼうで、言葉遣いこそ無礼はない物の、取り付く島もない。

確かに値下げの余地はなかったけど…だけど…

商売が成立する前からWin-Winを投げ出してどうする?

って話ですよね(T_T)

 

短気は…ホントに損です。

 

それでは、また。

 

 

ポチっあなたの清き一票をお願いします。

 

 

 

疑う人と信じる人≠考えない人と考える人

目安時間:約 6分

こんにちは!管理人です。

 

 

 

 

あなた知らない所からメールが届いていたら、それ開きますか?

 

まあ、開かないと思うんですが。

 

最近ちょっと気になっていることがありまして。

 

ブログを書いている人なら大抵知ってる。

読者さんの3つの「~ない。」ってやつがあるんですが。

何かといえば。

 

  • 読まない
  • 信じない
  • 行動しない

 

ってヤツです。

 

考えてみればあなたもそうですよね。

知らない所からちょっとお得そうなお話のメールが送られてきても

ツィッターでお得な話が流れてきても

 

  • まず開封しないでゴミ箱行きか、そのままスルー
  • 万が一中を読んでも、内容は信じない。
  • 信憑性が高そうでも「まあいいや」で行動はしない。

 

とこんなパターンがほとんどじゃないでしょうか?

 

 

それの何が悪い!( ゚Д゚)

 

いや、悪くないんです。

悪くないどころか、ごく普通の反応だなと。

 

大体いちいち、そんなのかまっていたら

時間がいくらあっても足りないです。

 

そ・も・そ・も。

そういうのの中には「怪しい話」も多数含まれているわけで

そんなのの

 

「お得です。」

「チャンスです。」

「儲かります。」

「稼げます。」

 

に、いちいち踊らされていたら

どれだけ騙されても騙されきれないって事になりますよね(^^;)

 

 

じゃあ、なにが引っかかってんの?

 

いえ、確かにそうなんです。

確かに、その手の物は全部スルーでいいのかもしれない。

 

けれどもですね。

きちんとチャンスをものにしていく人生を送るなら

自由で我慢しない生活を手にしようと思うなら

 

思考停止でスルーはよくないんじゃないか?

 

と最近思うようになりまして。

 

  • 読まない
  • 信じない
  • 行動しない

 

と3つあるうちの

 

「読まない」 はやめて、とりあえず読む。

で、よく考えて、必要なら調べて、その結果が

「信じない」なら、それはそれでいい。

 

でも、そこで考えて調べて、もしも「よし!」と

思ったら即行動に移すべきだったのかなと。

 

なんで、そんなことを急に言い出したわけ?(^^;)

 

いえ、今ビットコインって話題になってますでしょ?

数年前に「ビットコインの取引しません?」って

持ち掛けられたことがあったんです。

 

その時の管理人はまさに思考停止状態で、

 

いや、その手の訳の分からんもんには手を出さない。

 

てな感じに、完全スルーだったんですよ。

 

でもその時に色々調べて考えて取引を始めた友人…

なんだかんだで億レベルの利益を出してる。

 

思考停止してた管理人がバカだったわけです。

 

 

それは損をしたかもねぇ…(^^;)

 

そうなんです。

 

疑ってかかって、信用できなくてやめた。

なら、まあ今でも納得できるんですけどね。

 

疑いもしないで思考停止でスルーしたわけですから。

もったいないことこの上ない。

 

いつのまにか、疑うことが日常化しすぎて思考停止になっていたんですね。

メールは送信者だけ見て、タイトルの半分も見ずにゴミ箱行き。

ブログを漁っていても記事の3分の1も読まずに×ボタン。

 

これではダメだったなと。

 

 

疑うのと思考停止でスルーするのは全然違う

 

訳でしてね。

同じように

 

信じるのと盲目的に受け入れるのも全然違う

 

という事になりますよね。

後者の場合、相手に悪意があった場合はただの「いいカモ」ですもの。

 

ということで、あなたがもし、思考停止でスルーを普段からやっているようなら

心がけてやめると、思わぬところにチャンスを見出すことができるかもしれません。

 

よく考え、よく調べて、騙されたりしないように気をつけてください。

ということは、もちろん付け加えさせていただくのですが…。

 

 

 

ここはあまり考えないで、

ポチっとお願いします(笑)

 

 

カテゴリ:通常記事  [コメント:1]

お問い合わせフォーム





ページの先頭へ